食中毒は梅雨から夏のものだと思っていませんか?実は、食中毒のピークは9月から10月。暑さがやわらいできても、まだまだ気を付ける必要がありそうです。

実はいろいろある食中毒の種類

食中毒というと大腸菌やサルモネラ菌など細菌やウイルスが原因というイメージがありますが、食中毒の原因はそれだけではありません。

細菌性食中毒

病原大腸菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオといった細菌によって起こる食中毒。O-157も病原大腸菌のひとつです。

ウイルス性食中毒

ノロウイルスなどのウイルスに感染した食べ物などから発症する食中毒。

自然毒食中毒

毒キノコやフグなど、自然毒を食べることで発症する食中毒

その他の食中毒

金属や化学物質などによる食中毒

食中毒の症状で多いのは、下痢や嘔吐、腹痛ですが、重症化すると命に係わる場合もあります。毒物による食中毒は麻痺や意識障害などの症状が出ます。

秋に起こりやすい食中毒とは?

9月や10月は夏ほどの暑さではありません。でも日中の気温はまだまだ高く、細菌やウイルスによる食中毒が発症する条件は整っているのです。この季節は、少し涼しくなったからといって油断していると危険です。また、秋は運動会などの行事やBBQなど外で食事をすることも多く、食中毒になる機会が多くなります。さらに気を付けなくてはいけないのは、自然毒による食中毒です。秋の味覚、キノコが美味しい季節ですが、自分で採った野生のキノコを食べるのはとても危険なこと。猛毒を持ったキノコも多いので、キノコ狩りは知識のある人と行きましょう。

秋の食中毒を回避する注意点は?

秋の食中毒は、涼しくなったことによる気の緩みから起きることが多いです。不用意に生ものや調理済みの料理をテーブルなどに出しっぱなしにしてはいけません。必ず冷蔵庫で保管するようにしましょう。もちろん、調理の前は念入りに手洗いを。毒キノコや牡蠣、フグなどによる自然毒食中毒が起きやすいので、野生のキノコは食べない、きちんと品質検査を行っている牡蠣を食べるなど、自己防衛をする知識も必要です。


writer:岩田かほり