繰り返しできてなかなか治らない大人ニキビ。できる場所によって原因が異なるので、同じように処置をしてはいけないことをご存知でしょうか?いまニキビのできている場所からその原因を一緒に考えてみましょう。

大人ニキビの原因は体の内にも外にもある

ニキビは毛穴の出口が角質によって塞がれてしまい、皮膚に常在するアクネ菌が過剰に繁殖して、皮膚が炎症を起こしてしまうこと。体の内側に原因があってできるニキビと、体の外側に原因があってできるニキビがあります。体の内側が原因の場合は、ホルモンバランスや自律神経の乱れ、栄養の偏りや胃腸の不調などから、皮脂が過剰に分泌されたり新陳代謝が低下してニキビになります。体の外側が原因の場合は、シャンプーやメイクに含まれる成分や雑菌、手などによる刺激や紫外線などで、毛穴に皮脂や汚れが詰まってニキビになります。

あなたの大人ニキビはどこにできている?

自分のニキビの原因は何かが分からないと、間違った対処法でさらに悪化させてしまうこともあります。その原因によって、ニキビができる場所が違うことが多いのです。

頬、鼻の下、アゴのニキビは男性ホルモンの影響かも

頬や鼻の下、アゴなどは男性ホルモンの影響を受けやすいところです。皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴が塞がってニキビになってしまいがち。まずはていねいに洗顔することで、過剰に分泌された皮脂を落とし肌を清潔に保つことが大切です。

フェイスラインのニキビは肌のバリア機能の低下から

フェイスラインは肌のバリア機能が低下しやすい場所です。洗顔料やシャンプー剤のすすぎ残し、あるいは洗顔が十分にできていない、逆に過剰なスキンケアといった原因も考えられます。もちろんホルモンバランスの乱れから肌が乾燥し大人ニキビができやすい場所でもあるので、十分に保湿をしてバリア機能を高めましょう。

おでこのニキビは皮脂と髪の毛の刺激

おでこは皮脂の分泌が多い場所で、思春期にニキビができやすい場所です。前髪が肌にあたって刺激となり、アクネ菌がさらに繁殖したり炎症を起こしてニキビになりやすい場所でもあります。

髪の生え際のニキビはシャンプーのすすぎ残しが原因

髪の生え際は、整髪料やすすぎ残したシャンプーなどが付着しがちなところです。含まれている成分によって、炎症を悪化させる場合があります。ニキビがなかなか治らない時は、刺激の少ない製品に代えてみるといいかもしれません。


writer:岩田かほり