昭和天皇は昭和64年1月7日午前6時33分に崩御された shutterstock.com

写真拡大

 1945年(昭和20年)8月15日、正午。蝉しぐれが降り注ぐ炎天下。誰もが身を固くして、うやうやしく頭を垂れていた。昭和天皇の玉音放送(終戦の詔勅)が、ラジオから訥々(とつとつ)と流れる。

 「朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス」(私は時の巡り合せに逆らわず、堪えがたくまた忍びがたい思いを乗り越え、未来のために平和な世界を切り開こうと思う)

 徴兵、戦地、転戦、玉砕、疎開、買い出し、空襲、沖縄、原爆......万の人に万の記憶が胸をよぎる。戦争は終わった! 平和になる! 慈雨のような喜びをだれもが噛みしめた。

 2015年、戦前・戦中・戦後を生き存えてきた人にとって、長く暑く忘れがたい70年目の夏が来た。だが、日本人の8割(約1億203万4000人)は、戦争を知らない。

 終戦のとき、昭和天皇は、国民に向けて平和への願いを四首の歌に込めた。側近の木下道雄侍従の『宮中見聞録』に収録されている。

 爆撃に たおれゆく民の 上をおもひ いくさとめけり 身はいかならむとも
 身はいかに なるともいくさ とどめけり ただたふれゆく 民をおもひて
 国がらを ただ守らんと いばら道 すすみゆくとも いくさとめけり
 外国(とつくに)と 離れ小島に のこる民の うへやすかれと ただいのるなり

昭和天皇の死因は輸血によるショック死?

 昭和天皇は、1987年4月29日、86歳を迎えた天皇誕生日の祝宴で嘔吐、体調不良から退席。9月19日に吐血。9月22日、歴代天皇で初めて開腹手術を受ける。病名は慢性膵臓炎と発表された。12月に公務に復帰するものの、1988年9月以後、容態は悪化の一途をたどっていた。

 1989年(昭和64年)、1月7日午前6時33分、昭和天皇崩御、宝算87歳――。崩御当日の記者会見で郄木顯従医長は、死因は十二指腸乳頭周囲腫瘍(腺がん)と発表。「膵臓がんでは?」の質問に「膵臓への転移は確認されたが、腫瘍の原発部位は十二指腸。病理学的に見ると腺がんが転移したもの」と発言した。

 腫瘍の原発部位が膵臓がんでも、十二指腸の一部などの周辺部位を広範囲に切除するのが標準治療だ。昭和天皇は、転移が確認された膵臓の一部や十二指腸の一部を切除する外科手術を受けた可能性が高い。

 膵臓がんは、がんの中でも特に難治がんといわれる。5年生存率は、切除した1期でも30%、2期なら20%以下。膵臓がんや十二指腸がんは、早期に発見されても、周辺臓器の部位を広範囲に切除するため、患者が受ける侵襲はあまりにも大きい。87歳の高齢で切除手術を受けた昭和天皇の肉体的な苦痛は、想像して余りある。

 昭和天皇は、体内出血と下血を繰り返したため、大量に輸血された。輸血による拒絶反応(GVHD)は、なかったのか? GVHD(移植片対宿主病)は、輸血した血液中のリンパ球が増殖し、患者のリンパ球や免疫系細胞を破壊するため、免疫システムが拒絶反応を起こす。その結果、感染症や肝臓障害を招き、あらゆる血球が減少して貧血などを併発する重篤な疾患だ。

 医師団は必死で輸血を続けた。だが、赤血球、白血球、血小板がますます激減し、血液が凝固せず、出血が加速する悪循環に陥った。輸血につぐ輸血は、昭和天皇の死を早めたのではないか? 昭和天皇はGVHDを発症していた疑いがある。

昭和天皇は、がんを告知されていたか?

 作家・保阪正康氏は、自著『安楽死と尊厳死』で、侍医団は昭和天皇に膵臓がんを伝えないまま治療にあたったが、昭和天皇の死は、尊厳死運動に影響を与えたと書いている。

 容態の悪化につれて、脈拍や血圧などがマスコミで連日、刻一刻と報道された。昭和天皇は末期がんと闘っている。侍医団は必死に延命処置を続けている。容態は延命装置が辛うじて支えている。そう国民は判断した。

 報道が過密になるにつれて世論は動揺する。このような過酷な終末期医療は正しいのか? 無意味な延命処置ではないのか? 昭和天皇に救いの手は差しのべられないのか? 安楽死の道はないのか? 尊厳死をなぜ選べないのか? そんな声が日増しに強まった。侍医団が告知をしなかったことへの率直な疑問も湧いてきた。

 保阪氏は「もし昭和天皇に、がんの告知を行なっていたら、天皇がどのような意思表示をしたかは不明である。医学的な処置について何らかの意思を伝えたかもしれないし、それとは別に歴史的、国家的な意思を表明したかもしれない。昭和天皇には語っておきたいことが幾つかあったと推測している。その機会が失われてしまったことが、むしろ問題ではないか」と問いかけている。

 ドイツの哲学者、ショーペンハウエルはこう書いた。「真実を人々が真実だと認めるまでに3つの段階を通過する。第一段階では、嘲笑する。第二段階では、激しく反対する。第三段階では、当然のこととして受け入れる」と。

 私たちは、尊厳死を受け容れられるのか? 尊厳を失わず死を迎えられないのか? 昭和天皇の崩御は、QOD(Quality of Death=死の質)への問いかけでもある。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。