自身のアバターにご満悦だった片山(撮影:ALBA)

写真拡大

 8月20日(木)「片山晋呉インビテーショナル ネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯(9月11日開幕@恵庭カントリー倶楽部)」の記者会見が開催され全出場3選手のうち29名が公表されたが、同時に大会とのコラボレーション企画として進行していた片山晋呉オリジナルアバターのリリースも発表された。
【関連】3月の発表会でアバターパネルと並ぶ片山晋呉
 バーチャルとリアルの融合のための新たな試みとして企画された“晋呉アバター”。片山のショットルーティンからガッツポーズのしぐさまで可能な限り再現され、声も片山本人がアフレコに挑戦した。
 ゲーム内で動く自分を見た片山は「本当に動きも似ているですよ。よく見ると白髪までしっかりとね」と驚くばかり。自身を使いプレーしたが、ゲーム未経験者だけに「僕の場合は自分でプレーしたほうが確実にうまいですけどね」とおどけてみせた。
 『みんなのゴルフ6』で使用できる“晋呉アバター”は「PlayStation Store」で10月29日までの期間限定ダウンロード販売。販売価格は514円(税込)となっていが、9月30日までは無料配信となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【米国男子】崖っぷちのタイガー!逆転プレーオフ進出へ初日“64”
【米国男子】ショット復調の松山英樹、ノーボギーで3差11位発進!
【米国男子】パットに苦しんだ石川遼 116位Tでプレーオフ進出に暗雲
【国内女子】鈴木愛、3戦連続の好スタート!初日に強くなった訳は?