アマゾン社員は「ハードワーカーほど、自社を高く評価」:データ分析で判明

写真拡大

アマゾンの職場は苛酷だという報道があり、ベゾスCEOが即座に否定するなど話題が広がっている。だが、あるデータ分析企業によれば、ハードワーカーな社員ほどアマゾンを高く評価しているようだ。

「アマゾン社員は「ハードワーカーほど、自社を高く評価」:データ分析で判明」の写真・リンク付きの記事はこちら

アマゾンの職場は悲惨だとする暴露記事を『New York Times』紙が8月中旬に掲載。ベゾスCEOが即座に否定(日本語版記事)するなど、話題が広がっている。

ジョディ・カンターとデーヴィッド・ストレイトフェルドによるNY Timesの記事は、データ重視の苛酷な企業文化がホワイトカラーの従業員を使いつぶしているという論調だった。だが、この記事に対しては、アマゾンの従業員からも反論が行われた。また、この記事が実際のデータではなくエピソードに頼りすぎているとして疑問を投げかけるメディア評論家もいる

そんななか、この記事の内容をデータで検証できると主張する企業が現れた。MITメディアラボからスピンアウトした新興企業で、ツイッター投稿などのテキスト分析を手がける米Luminoso社だ。

Luminoso社は、社員が自分の勤める職場の実態を投稿できるサイト「Glassdoor.com」にアマゾン従業員が投稿したおよそ1,800件のレヴューのほぼすべてを詳しく調べた。その結果、アマゾンでのワークライフバランスに不満を述べている従業員の方が、アマゾンに高い評価を与える傾向があることがわかったのだ。

Luminoso社は、アマゾンの従業員が同社に与えた星の評価を、2008年までさかのぼって調査した。また、「良い点」「悪い点」「経営陣へのアドヴァイス」という3つの自由入力形式のカテゴリーに書かれたコメントも調べた。

分析対象には、これらのレヴューに書かれた肯定的または否定的な感想だけでなく、述べられている不満が、従業員のアマゾンに対する星の評価にどの程度影響しているかという点も含まれた。つまり、その不満が日常的な愚痴にすぎないのか、それとも、アマゾンに対する全体的な意見に影響しているのかが判断されたのだ。

その結果、アマゾンでの仕事を気に入っている従業員は、ワークライフバランスの問題について驚きやショックを感じてはおらず、そのバランスの問題をただ受け入れていたことがわかった。実際、アマゾンに高い評価を与えていた単一の最も強い要因は、「仕事がチャレンジングなところ」だったのだ。肯定的な評価につながる他の要因は、「プロジェクトの規模と難しさ」「チャンス」「自主性」「成長」だった。

「われわれの調査によれば、アマゾンでのワークライフバランスについて否定的な意見を持ち、Glassdoorで自社の悪い点としてワークライフバランスを挙げていた従業員であっても、従業員の評価に関する当社モデルの予測スコアを実際には高めていた」とLuminoso社は述べている。

Luminoso社の分析は、特にマネージャーのトレーニングと、従業員のパフォーマンス評価プロセスに関して、アマゾンが改善を行えるかという点にも向けられていた。だが、少なくとも一部の従業員にとっては、アマゾンで働くことの「チャレンジングなところ」こそが、まさにアマゾンの魅力であるようだ。

TAG

AmazonBigDataLuminosoWIRED USWorkLifeBalance