いくら散財した? どんな失敗をした? 女子の夏バーゲン事情を調査してみた!

写真拡大

今年の夏のバーゲン、収穫はありましたか? 「タイムセールで70%オフ!」なんて言われると、ついつい手に取ってしまいますよね。その結果、安いからといって買ったもののあまり着ていない服やバッグがたくさん……ということも。そこで今回は働く女性のみなさんに「夏のバーゲンで使った額」と「買って後悔したこと」について大調査!

Q.夏のバーゲンでいくら使ったか教えてください。

●第1位「1万円以上〜2万円未満」……9.3%
○第2位「5,000円以上〜1万円未満」……8.7%
●第3位「3万円以上〜4万円未満」……6.0%
○第4位「2万円以上〜3万円未満」……5.3%
●第5位「4万円以上〜5万円未満」……2.0%
※6位以下省略、その他を除く

それぞれ僅差ではありますが、第1位は「1万円以上〜2万円未満」という結果になりました。意外と散財をしていない女性が多いようです。ではどんなことに後悔したのか、早速聞いてみましょう。

■第1位「1万円以上〜2万円未満」

・「つい、使わなそうなワンピースを買ってしまった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「サイズが合っていなかったが、安かったので勢いで買ってしまった服がある」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「特殊な皮のパンプスを買ったのはいいけど、ヒールを削ってしまってショップで修理をすることに……。修理費用が高く、結局定価で買っても変わらない価格になった」(28歳/機械・精密機器/その他)

バーゲンで一番多いのが「勢いで買ってしまう」ということですよね。いつもなら買えないような服がお得な値段になっていることもあって、「使わないようなワンピース」や「サイズの合ってない服」を買ってしまった人も。パンプスの修理費用の方が高くつくなんて切ない話です。

■第2位「5,000円以上〜1万円未満」

・「あまり着そうにないものも買ってしまった」(22歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「買ったものの一度も着ていない」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「通販のほうが安かった」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

第2位の「5,000円以上〜1万円未満」と回答した人からは「あまり着そうにないものを買ってしまった」「一度も着ていない」という後悔がありました。お店では魅力的に見えた服も、家で冷静になってみるとイマイチなこともありますよね。「通販のほうが安かった」なんて、一番知りたくない事実です(涙)。

■第3位「3万円以上〜4万円未満」

・「普段なら買わないような服を買ったけど、結局一度も着ていない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「同じような服をたくさん買ってしまい後悔」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「買ったものに後悔はないが、買い足りないうちにバーゲンが終わりはじめていて悔しい」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

「3万円以上〜4万円未満」となると、バーゲンとは言えなかなかの金額ですよね。こちらも「普段買わないような服を買ったけど着てない」「同じような服をたくさん買ってしまった」など、バーゲンの魔力にやられてしまった人が多いようです。「買い足りないうちにバーゲンが終わりはじめた」のも悔しいですよね。

■第4位「2万円以上〜3万円未満」

・「いい感じのバッグが見つからなかったこと。羽織りものを買い忘れたこと」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

バーゲンは安くなっているのでついつい興奮してしまいますが、気に入ったアイテムを見つけられないこともありますよね。そうこうしているうちにバーゲンは終わり、その頃になって買い忘れたものを思い出して後悔してしまう、なんていうこともあるようです。

「夏のバーゲンで使った額」については、意外(?)にも控えめな値段でしたが、「後悔したこと」についてはいろいろなコメントがありました。活気あふれるお店の雰囲気と安さに負けて「思わず買ったものの一度も着ていない」という後悔が一番多いようです。もうお店には秋冬物が並んでいますが、次のバーゲンでは後悔しないようにしたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳〜34歳の働く女性)