福澤朗アナが独自の家庭内ルールを告白 妻の話が長いときは黙って離席

写真拡大

20日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、福澤朗アナウンサーが、妻への独特な接し方を明かして共演者らを驚かす場面があった。

この日の番組には福沢アナが「勝手に他人を訓練するフリーアナウンサー」としてゲストで登場し、様々なシチュエーションで他人を訓練してしまう癖を明かしていった。

その中で、福澤アナの訓練癖が妻や息子にも及んでいることも明かされた。福澤アナは音声表現の訓練を長年受けてきたことから、一番身近な家族にはきちんとした話し方を教えたいのだとか。その思いが高まるあまり、妻や子どもに「レッスン」を施すことがあるそうだ。

福沢アナによると、女性と男性の話し方にはちがいがあるという。男性は話の最初に結論をもってくる傾向があるのに対し、女性は話の結論を最後に持ってくるため、どうしても長くなってしまうというのだ。

そうしたことから、福澤アナは家庭内で実践していることがあるという。なんでも彼は、妻の話に耳を傾けてみて、30秒で結論に至らない場合は黙っていったん席を外してしまうというのだ。

福澤アナから妻へのまさかの仕打ちに共演者らは騒然とし、マツコ・デラックスも「えー!」と声を上げてア然としていた。

【関連記事】
坂上忍が福澤朗アナウンサーをバッサリ「全てにおいて嘘くさい」
福澤朗氏がロボットに言葉を聞き取ってもらえず落ち込む
「バンキシャ!」で、本番前のセッティング風景を放送するハプニングか? 福澤朗アナの「うるさいんだよねー」発言も