安藤百福はこの味をどう見るか

写真拡大

日清食品は2015年8月10日、「チキンラーメンリゾット」を発売した。

カップに水を入れて、電子レンジでチンするだけでできるリゾットの新商品。「チキンラーメンにご飯を入れる」という食べ方は元々チキンラーメンファンから人気がある。それを商品化して美味しくないわけがないと思えるが、果たして評価は...。

「美味すぎる」「もう買わない」両極端な評価

「チキンラーメン」を発明した故・安藤百福氏は、くだいたチキンラーメンにお湯とご飯を入れたものを好んで食べていたそう。そのレシピを再現し、カップで楽しめるリゾットを開発した。

チキンラーメンならではの「元祖鶏ガラスープ」が、電子レンジで調理することで、コシのあるごはんにしっかりしみこむ。ローストしょうゆの香ばしい味が楽しめる一品となった。

チキンラーメンを作ってご飯を投入する、いわゆる「ねこまんま」を楽しむ人は少なくなく、この商品も期待をもって多くの人が試しているようだが、ツイッターを見てみると

「チキンラーメンリゾット美味すぎる」
「チキンラーメンにご飯っていうそのままの感じ♪美味しかった」
「チキンラーメンリゾット食べた。まあ普通。もう一度は買わないかなあ」
「こんなんおいしくないはずがないじゃねーか!と思って食べてみたらそんなにおいしくなかった」

と、意外と賛否両論だ。

本家のチキンラーメン同様、アレンジレシピを早速試している人もいるようで、「チキンラーメンリゾットに牛乳とチーズ掛けると美味くなった」との報告もあった。

希望小売価格は220円(税別)。