アトラクション「ジャングル・クルーズ」の実写映画化、主役は?

写真拡大

ディズニーの新作映画「ジャングル・クルーズ」の主役に、ドウェイン・ジョンソンが起用されるようだ。

ディズニーランドの人気アトラクションであるジャングル・クルーズを基にしたこの映画は、現在、ドウェインがメインキャラクターを演じる方向で製作が進んでおり、時代設定は過去になりそうだとザ・ラップが報じている。

同作品の監督はまだ決まっていないものの、脚本はコメディ映画「フォーカス」のグレン・フィカーラとジョン・レクアによって執筆されているようだ。

世界中で約5億ドル(約620億円)の興行収入を叩きだした「カリフォルニア・ダウン」や「ワイルド・スピード SKY MISSION」に出演していたドウェインは、今やハリウッドで“最もお金を生み出すアクションスター”の1人として活躍している。

ジェームズ・ワン監督作「ワイルド・スピード SKY MISSION」は公開からわずか17日間で興行収入10億ドル(約1190億円)を突破し、映画史上最速記録を生み出しており、今年公開された作品の中では「ジュラシック・ワールド」が公開されるまでは興行収入1位となっていた。