お金の管理は夫?妻? 妻が“楽な生活”を手に入れるにはどっちがいいの?

写真拡大

財布の紐は妻と夫のどちらが握っていますか?

妻が財布を握り、夫はお小遣いをもらうという図式がなんとなく多いような気がしますが、お金の管理は主婦の頭を悩ませる1つ。妻は日々節約し、欲しいものは我慢…。夫は少ないお小遣いに不満を募らせる…、というのはありがちな光景ですよね。

そこで今回は、妻が“お金に悩まずに楽な生活を手に入れる方法”をご紹介いたします。

­

財布の紐は夫に持たせろ!


­

妻がお金を気にせずに楽に生活するためには、財布の紐を夫に握らせればいいのです。

それは、毎月、必要最低限の生活費を夫から貰う「妻のお小遣い制」にし、家賃・光熱費などは夫に任せ、余ったお金は夫の自由にするというもの。

夫が稼いできたお金なので、自由になるお金は夫に決めさせてしまいましょう。もしも足りないなと感じたら節約するでしょうし、もっと頑張って稼いでこよう、と感じるようにもなります。

ポイントは、毎月決まった生活費を必ず妻が貰うということ。子どもが1人増えたらその分も上乗せして貰えばいいでしょう。

­

妻は自分のお小遣いを自分で稼ぐ


­

必要最低限の生活費だけを貰うだけでは、自分のために使うお金がないじゃないか!と感じるかもしれません。

それならば、その部分はパートなどで自分で稼いでみてはいかがでしょうか。友人とのランチ代や洋服を買うお金などがそれに当たりますね。

月に数万円のパート代があれば充分に自由に使えるお金は確保できますし、自分で稼いだお金なので、贅沢をせず大切に使うこともできるでしょう。へそくりにも回せますしね!

­

夫に家計を任せるのは不安…


­

夫に家計を任せるのは不安に感じるかもしれません。もしも光熱費を払い忘れたら…、もしも貯金するお金を使ってしまったら…など、余計に気が気じゃなくなりますね。これでは、楽な生活どころではなくなる可能性もあります。

しかし、そう感じるのは最初の数か月というところです。

夫は一家の大黒柱ですから、家族を路頭に迷わせることはしないでしょう。

借金でもしていたら…と不安に感じる場合には、最初だけ妻が確認するようにしましょう。

とはいえ、夫に家計を任せるのなら、妻は口出ししないほうが賢明です。

夫婦の信頼関係の上で成り立つ家計の管理方法なので、「今日はいくら使ったの?」「今月はいくら貯金したの?」「家賃は払った?」など気になる内容があっても、チェックしないほうがお互い自分の役割を明確にできるでしょう。

そうすることで、ますます夫もお金を管理する意識が湧いてきます。

­

貯金はどうなりますか?


­

貯金するお金は、最初に生活費を夫婦で一緒に計算して決めましょう。夫を信頼するのであれば、毎月、自由に夫に金額を決めてもらっても構いません。

貯金の管理は夫に任せることが大切で、そして妻は「今いくら貯まっているか」を考えない方が賢いやり方です。

年に1回くらい、節目で聞いてみるくらいがよいと思います。ただし、想定した額より少なかった場合でも、毎月のやりくりを任せたならば「予定より少ない!」などと怒らないようにしましょう。

­

金を稼いでいるのは夫であるとお互いに認識する


­

お金の管理を夫に任せることで、夫は自分の稼ぎで家庭は成り立っていると自覚します。自分に遊ぶ余裕が無い場合は、より自覚を持ちやすいでしょうし、少しでも余裕があるならば、休日は外食をしようなどの気持ちが沸き上がってきたりするもの。

何より、妻が自分を信頼してくれているという感覚がより強くなることで、さらにお金の管理をしっかりするようになり、そうして妻は、安心して夫に家計を任せることで「日々のお金」という煩わしい悩みから開放されるわけです。

妻は食費と雑費だけを渡されたお金から捻出すればいいだけ。これこそ、妻にとっての“お金に悩まない楽な生活”といえるのではないでしょうか。

­

財布の紐は夫に握らせる!というのは目からウロコの話かもしれませんが、お金の管理が苦手という女性は、一度夫に管理をお願いしてみてはいかがでしょうか。妻も夫も無駄遣いがなくなりますし、そしてなによりお互いの信頼関係が強くなるはずですよ!

­

<プロフィール>

ふう

ライター

3人の子どもの母でありながら、ライターとして得意分野の恋愛系コラムを中心にWEB媒体などで執筆中。自らの円満家族生活をもとに、家族関係についても発信し、活躍している。

­

写真© JackF - Fotolia.com