【動画あり】テニス界の新鋭・西岡良仁選手が世界を驚愕させるトリッキーなスーパーショットを披露

写真拡大

アンビリバボー! 思わず実況がそう言わずにはいられなかったスーパーショットが、現在世界で話題になっている。放ったのは、なんと日本人選手。巷で「錦織二世」とも呼ばれている西岡良仁選手だ。

その舞台は、2015年8月10日から16日にかけてアメリカ・カリフォルニア州アプトスで開催されたATPツアー下部大会の「コメリカバンク・チャレンジャー」。シングルスの2回戦、ジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)との試合でのことである。

・想定外のショット

はたして何がどうスゴかったのか。動画「Nishioka Goes Behind The Back For Aptos Challenger 2015 Hot Shot」をご覧いただけたらわかるが、とにかくスゴい。というのも、ラケットの出てきた位置が想定外。映像で見てもビックリなのだ! では、その流れを簡潔に説明しよう。

・背面からパッシングショット

動画では、画面手前の西岡選手に注目していただきたい。前後左右に揺さぶられるものの、必死に食らいつく西岡選手。最後に逆を突かれ、もうダメか……と思いきや! なんと西岡選手は背後からラケットを出して返球! 見事なパッシングショットを披露してみせたのである!!

・相手も拍手するスーパープレイ

これには西岡選手も自身のプレーにビックリしたのだろう。相手が返球できないのを確認すると、ラケットを手放してバンザイ。満点の笑顔で喜んでいるのが印象的だ。一方の相手も拍手で西岡選手を讃えており、そのスゴさがよくわかる。

テニス界の新鋭

ちなみに西岡選手は、錦織圭選手と同じIMGアカデミー(養成スクール)出身。2014年のアジア大会では、19歳ながら個人優勝を果たしたテニス界の新鋭だ。今大会は準々決勝で敗退してしまったものの、これから更なる活躍が期待される存在なので覚えておこう。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る