「はちみつマイスター」の資格を持つ新田恵利さん

写真拡大

 1985年に、フジテレビのバラエティ番組『夕やけニャンニャン』から誕生し、一躍国民的アイドルグループに上り詰めたおニャン子クラブ。新田恵利さんはそんなおニャン子クラブを牽引した人気メンバーの一人だ。今年で芸能生活30周年を迎える。
 
 その新田恵利さんが最近、ひょんなきっかけから興味を持つようになったのが"はちみつ"だという。昨年、日本で唯一という、はちみつの専門家資格「はちみつマイスター」を取得。今年に入ってからも、はちみつの日(8月3日)に合わせて行われた、最もおいしいはちみつを選ぶ新コンテスト「第1回ハニー・オブ・ザ・イヤー」で審査員をつとめるなど、"愛好家"としての活動を本格的にスタートさせた。

 今回は美容や介護にも効果的だという、その"はちみつ"の魅力について、改めてお話を伺ってみた。

はちみつへの興味のきっかけはお肌の曲がり角

 おニャン子クラブとしてデビューした当時は17歳の高校生だったという新田さん。それから30年を経て現在は47歳。はちみつに興味を持ったきっかけは意外なところにあった。

 「わたしは食べることよりもむしろ、美容について調べる中ではちみつに興味を持ちました。元々、以前から乾燥肌だったんですけど、歳を重ねるごとにすごくお肌のひどい時期があって、いろんな化粧品を試したんですけども、どうも納得いかないし、改善されないし......。お肌には何がいいんだろう、自然なもののほうがいいのかなって、いろいろとネットサーフィンをして調べていくなかで、はちみつにたどりつきました」

 やがて「一般社団法人日本はちみつマイスター協会」が運営するはちみつの資格「はちみつマイスター」の存在を知る。

 「ただ、はちみつがいいと納得して、市販のものを言われるままに使い始めるのではなく、健康に関わることだし、どうして肌にいいのだろうって、そのへんのこともちゃんと勉強したほうがいいのかなって思ったんです。『はちみつマイスター』の資格はまだそんなに参加者が多くないから、今なら少人数で丁寧に教えてもらえるんじゃないかって。それで参加することを決めました」
 「はちみつマイスター」は"はちみつの魅力を伝え、はちみつの価値を高めていくことができる人材の育成"を目標に開設されたもの。学習内容はミツバチの生態についてや養蜂の基礎知識、はちみつのテイスティング方法、はちみつの効能など、多岐にわたる。

 「最初はびっくりでした。西洋ミツバチに日本ミツバチって。『ハチはどれもハチじゃないの?』って(笑)。はちみつの味に関しても、小さい頃はそんなに裕福な家庭で育ったわけではなかったので、スーパーに売っているはちみつくらいしか知らなかったんです。テイスティングを覚えて、いろいろ食べ比べていくうちに、はちみつってこんなにも種類や味が様々なんだって。本当に目から鱗でしたね。苦みがあるはちみつもあるんだとか、香りも全く違うとか、そういうところがすごく面白いなって」

 まだあまり上手ではないと謙遜しつつも、テイスティングの話になると新田さんは生き生きと目を輝かせる。

 「はちみつって、香りもすごく重要なんです。それを知ることではちみつの楽しみ方が全然変わってくる。先生に教えてもらったのですが、口に入れてすぐに舐めちゃうと香りも味もそんなに変化がない。でも、唾液とまぜてゆっくりと味わうと、味が刻々と変わっていく。飲み込んだ後の鼻に抜ける感覚も最初は気にしないとわからないけれど、気にしはじめると、『あ、花の香りだ』ってわかるようになるんです。日本のはちみつなんかは結構香りも味も繊細なのですが、意識を集中させて味わうと、その微妙な違いがだんだんわかってくるんです」

はちみつと美容――新田さんの実践術とは!?

 はちみつを学びつつ、暮らしの中に次々とはちみつを取り入れていった新田さん。おすすめのはちみつを問うと、ニュージーランドのマヌカの花の蜜から作られる「マヌカハニー」の名を挙げた。

 「美容にいいのはなんといってもマヌカ。万能なんです。マヌカには例えば、風邪のときに喉の痛みをとるような効果もあったり、健康面での様々な効果も見込めるんです。わたしも風邪のときはマヌカを喉の奥に直接塗って飲み込んでいたりします」

 はちみつを使った美容へのアプローチ方法もユニークだ。

 「はちみつをシャンプーに入れて使ったりします。一番簡単な方法は適量、スプーン一杯分くらいを一回に使うシャンプーにまぜて使うことです。泡もちゃんと立ちますよ。髪の保湿も補い、キューティクルも保護してくれるので、使い始めて格段に髪が元気になりました。わたしはバスタブのところにはちみつを移し替えたボトルをいつも一本置いています。マヌカが効果的というのは先生に教えてもらいましたが、それを顔に塗ったりします。顔に塗っていると汗と水蒸気で自然と溶けてくるっていうか、なじんでくるので、最後はお湯で流して、はちみつパックをします」

寝たきりの母の介護でもはちみつは効果的

 美容だけでなく、食生活の面でもはちみつを多用するようになった。

 「ヨーグルトが腸にいいって聞いていたので以前から食べるようになっていましたが、それまでは市販の加糖のヨーグルトを食べていたんです。でも、最近は無糖のものを買ってくるようになりました。はちみつをかけて食べています」

 寝たきりだという母に対してもはちみつが役に立っているという。

 「やっぱり栄養がバランスよく含まれているのと、殺菌性があるので、今までお料理に使っていた砂糖の代わりにはちみつを使うようになりました。母ももう歳なので、食が細くなって、どんどん体力とか体重も小さくなってきているのですが、少量でも体に体力が戻るように、少しでもいいものを使おうって。煮物とかにもはちみつを使うようにしています。母に関しては健康がメイン。はちみつはすごく大切な役割を担っています」

 将来的には養蜂をやりたい願望もあるという。

 「主人がダイビングを趣味でやっているので、西伊豆にガスを置く施設を作ったんです。それが昔、みかん畑だった場所らしくて、結構広いんですよ。今でも3分の1くらいしか土地を使っていなくて、ただ空き地になっている場所が残っているので、みかん畑だったら養蜂にもいい土地なんじゃないのかなって。受講したときにたまたま一緒だった人が養蜂家だったので、その方のハチへの熱い思いを聞いているうちに、わたしもやってみようかなって気になって。来年あたりやってみたいですね」
 
 新田さんの生活は、とことん"はちみつ漬け"になっていきそうだ。
(取材・文=名鹿祥史)

新田恵理(にった・えり)
国民的アイドルグループ「おニャン子クラブ」の中心的メンバー。今年で芸能生活30周年を迎える。1997年に結婚。2013年にはテレビ番組「主治医が見つかる相談所」で受けた人間ドッグで発覚した自身の脳動脈瘤を告白。その後も骨粗しょう症をきっかけに認知症となった母の介護にも取り組むなど、タレント業、主婦、介護を両立させる多忙な毎日を送る。テレビ神奈川の情報番組「ありがとッ!」にレギュラー出演中。健康への関心は高く、母の介護経験から着想を得て、今秋、高齢者向けの便利商品の開発・販売も計画している。