スター・ウォーズ 純金製小判額 ドロイドセット

写真拡大

田中貴金属ジュエリーは2015年8月20日、同社が運営する東京・銀座のGINZA TANAKA銀座本店で、映画「スター・ウォーズ」の新作が10年ぶりに公開されることを記念して発売する「純金製小判額」や「金箔屏風」などの新商品発表会を行った。なかには劇中で使用される「ライトセーバー」をモチーフにした銀製の耳かきや爪楊枝などの"生活用品"も用意されている。

ライトセーバーをモチーフにした銀製耳かき・爪楊枝も

新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は15年12月公開予定。スケジュールが発表されて以来、ファンらの間では期待が高まっている。

この日披露された公開記念の商品は、シリアルナンバー入り54セット限定の 「スター・ウォーズ 純金製小判額 ドロイドセット」や、20セット限定の「スター・ウォーズ金箔屏風」のほか、「スター・ウォーズ 銀製ライトセーバー耳かき」と「スター・ウォーズ 銀製ライトセーバー爪楊枝」の4アイテム。15年9月1日から16年4月30日までの期間限定で、全国のGINZA TANAKA9店舗とオンラインショップで発売される。

価格(税込、以下同)は、小判額が70万円、屏風は180万円、耳かきは2万5000円、爪楊枝は2万円。同社では15年5月に第一弾の企画として、ダース・ベイダーをあしらった100万円の純金小判額を発売したところ、限定54セットが即完売したという。

純金製小判額は、30グラムの純金製小判2枚入り。それぞれに劇中キャラクター「C-3PO」と「R2-D2」のシルエットが、また2枚に共通して「反乱軍」のシンボルマークがあしらわれており、オリジナルデザインの専用アクリルケースに収められている。"May the force be with you(フォースと共にあれ)"という劇中の名台詞に、"May the 4th"をかけた5月4日の「スター・ウォーズの日」にちなみ54セット限定。

金箔屏風は、表具師の永嶋明氏による106×47センチの屏風2枚の上に、劇中キャラクター「ルーク・スカイウォーカー」、「ダース・ベイダー」がそれぞれ描かれている。