「修斗」公式サイトより

写真拡大

 振り込め詐欺事件の大がかりな容疑者逮捕のなか、総合格闘技「修斗」の元選手、川村文彦が8月17日、宮城県警に逮捕された。川村容疑者の後輩にあたる格闘家からは「すぐ大金になる“裏のバイト”があると誘われたことがあった」という話も聞かれる。

 事件は、相次ぐ振り込め詐欺事件で警察が犯行グループを追っていたもので、これまで15人が逮捕。川村容疑者の逮捕は昨年、79歳の自営業男性に「あなたの株取引はインサイダー取引の疑いがある」とウソの脅し電話をかけて現金1,000万円をだまし取った疑い。被害者から現金を受け取る役割の「受け子」を手配していたと見られ、大筋で容疑を認めているという。

 川村容疑者は1981年生まれの33歳で、2007年ごろからアマチュアの総合格闘技で頭角を現し、09年に山本“KID”徳郁のチーム、「KRAZY BEE」所属でプロデビュー。「ムキムキの体で力任せのスタイルはプロではなかなか通用せず、デビュー2戦とも1ラウンドであっさり負けていた」と格闘技ライター。しかし、そのパワーはケタ外れで12年にはわずか14秒、パンチ一発で相手を大の字にしたこともあった。

「デビュー当時は、学生時代の友達みたいな爽やかな応援団がいたのに、次第に不良っぽい感じの応援者が目立つようになっていた。試合に身が入っていないのか、あるときウェルター級(70.3キロ以下)契約の試合で体重オーバーして、当日に契約体重を変更してもらったこともあった」(同ライター)

 ラストファイトは13年3月、セコンドにはKIDもいる中で判定勝利したが「最近では仲間内の試合があっても試合会場で姿を見なくなっていた」とライター。一説には、右ヒザの靭帯損傷の影響があってのリタイアともいわれるが、戦績は2勝4敗と負け越したままだった。

 川村容疑者とは所属チームが違うが、一緒に練習したことが何度もあるという年下の格闘家は「昨年の夏ごろ、川村さんから電話をもらって『すぐ大金になる裏のバイトがある』と誘われたことがあった」という話をしている。

「仕事の内容は言ってなかったんですが、川村さんは前に危険ドラッグのことを話していたこともあったし、街でケンカして相手をボコボコにしたというウワサもあって、正直、私生活で関わりたくなかったので断った」(同)

 実は川村容疑者は過去、半グレ組織の「関東連合」との関係もウワサになったことがある。12年9月に六本木のクラブ「フラワー」で飲食店経営者が撲殺された襲撃事件直後、殺された男性と一緒に写っている写真が複数回出回ったり、また加害者のひとりとして懲役15年の判決を受けた元関東連合リーダー、石元太一が同じ「KRAZY BEE」での練習仲間だったりと、何かと名前が浮上していた。

 私生活ではメンズエステや脱毛サロンに通うナルシストな一面があったという話も聞かれる川村容疑者だが、アルバイト以外の定職についている様子はなかったという周囲の証言もあり、もしも振り込め詐欺が“本業”だったとするなら、その筋肉も宝の持ち腐れだ。
(文=ハイセーヤスダ)