「擬態したくてもしきれない かなしい人々のはなしです」ということで、素人はパッと見ても分からないオタク女ファッションを「周りになじんでいると思い込む勢」「周りと同じはイヤ!勢」「頑張ってる勢」「本当にヤバイ勢」「別の意味でヤバイ勢」「オタク女にあんまりいない勢」に分類して解説した「オタク女の教えるほんとうのオタク女ファッション」が公開され、話題になっています。

この夏コミで一番面白かった同人誌……ならぬ差し入れペーパーの「オタク女の教えるほんとうのオタク女ファッション」 執筆者の許可が出たのでPDFを公開します https://t.co/QcIWgTRSQ5 pic.twitter.com/jZwaKPU4tu— a-park(新刊とら委託中) (@a_park) 2015, 8月 18

以下のページを開くと「オタク女の教えるほんとうのオタク女ファッション」をPDFファイルで見ることができます。

Dropbox - オタク女の教える本当のオタク女ファッション.pdf



まずは「周りになじんでいると思い込む勢」。パッと見た感じ、カーディガン&スカートや、ふんわりシフォンのトップスにショートパンツ、Tシャツにスニーカーなど、普通の格好に見えますが、「見分けるポイントは髪、黒率高い、毛先パサパサ率も」ということや、「earth music&ecologyLOWRYS FARMあたりのブランドで『とりあえず流行にのる』スタイルの人々」「とがったオシャレやロリータファッションなどにはあまり興味ナシ。浮かなければイイヤーというくらいの意識でそこそこにファッションをたのしんでいる」「色合いは全体的に淡い」など、好まれるブランド名から思考回路まで細かいところまで突っ込んでいます。「足や腰回りが重たい印象の人はオタク率が高い。運動不足で下半身太りなのかもしれない」という体形に関する言及も。



オタク女ファッションの中でも多くを占める「周りになじんでいると思い込む勢」は、ほかにもNICE CLAUPHeatherGLOBAL WORKOLIVE des OLIVEの服を着ているとのこと。比較的手頃な値段のブランドということもあり、大学のキャンパスでも見かけることが多そうな雰囲気です。なお、「萌え語り」をしたがるのはこの辺りの人々だそうです。



「周りと同じはイヤ!勢」は(1)こだわりすぎて「本当にヤバイ勢」と見分けがつかない(2)シンプル大好き(3)やや個性派の3つの派閥に分かれる様子。「シンプル大好き」な人たちは流行よりもスタンダードなファッションを好み、「シンプルでもセンスのイイわたし」を演出したがっている人々とのこと。着る物にこだわりを持っているためか、「好きなジャンルや作品について語る時もいろいろ面倒くさい人が多いような……」と分析されています。



「やや個性派」の人々は柄物の服や変わった柄のTシャツなどを扱う少し個性派のブランド・POU DOU DOUniko and...を好み、「『えーウチ、けっこうオタクだよー』と言っちゃったりする」「服やヘアスタイルで個性派であることに満足しているからか(?)オタク的トークにおいてはそんなに主義主張のない人もいる」といった特徴があります。



「頑張ってる勢」には「ロリっぽい(でも一部失敗してる)」人々が「日常にロリータファッションエッセンスを取り入れたいのは分かるんだけど、もうちょっとなんとか……な人々」として解説されています。×印で消された箇所には一体どんな思いがあったのでしょうか……。



そして「本当にヤバイ勢」はファッションに興味のない人々の事を指す様子。特徴は、いつ切ったか分からない髪、中学生くらいのときに買った量販店のシャツとデニム・パジャマのスエットを着用、なんとなく髪はむすぶ、クマは消えない、など。ブランド名のある服はほとんど持っておらず、ユニクロ・スーパー・イオンなどでそそくさと買うとのこと。



独自路線でオシャレに気合いを入れすぎて浮いているものの、あまり気にしていないのが「別の意味でヤバイ勢」です。好きなブランドはANNA SUIなど。「オタク的活動においては周りの反応を気にしないでつきすすむのでけむたく思われがち」と、該当する人には耳に痛いコメントも書かれていました。



「オタク女にあんまりいない勢」は「顔面左官系バリバリギャル」「キレイなおネエさん系」「ガチのオシャレ上級者」が並んでいました。「顔面左官系バリバリギャル」「ガチのオシャレ上級者」はそこまで詳細な解説がなされていないのですが、キレイなおネエさん系に至っては「姿勢が悪い・妙なねこなで声・爪の手入れが甘い・髪がパサついている……など、どこかほころびがあって、本人がその服装をいごこちわるそうにしている人は高確率で別の顔がある気がする」と細かく描写されていました。



かなり細かく分類されているので、図解を見た人が「普通のお嬢さんのファッション分類という感じだった」というコメントがされているのも頷けるほどで、むしろこの分類に当てはまらない女子の方が少ないのでは……という感じもしますが、図解に書かれている厳しいコメントがぐさぐさと刺さっている人も多いようです。