新品同様に整備されたリサイクル自転車。(撮影:吉川忠行)
画像をクリックすると拡大します画像をクリックすると拡大します
豊島区内の自転車販売店が25日から、リサイクル自転車を販売する。東京都自転車商協同組合豊島支部が実施する。価格は7500円程度(税込み)で500円の防犯登録料が必要になる。台数は一店舗あたり7〜8台を予定している。現在、国産自転車の価格は、ブレーキ性能などを定めた「BAA」と呼ばれる業界の自主安全基準をクリアしたもので1万3000円くらいからという。

 販売される自転車は、豊島区が撤去した放置自転車をリサイクルしたもの。区が持ち主に連絡を取っても引き取り手のない自転車のうち、程度の良いものを自転車販売店がリサイクルした。同区の放置自転車の保管期限は40日間で、引き取り手のない自転車の大半がスクラップになるという。

 また、程度の良いものについては、同区をはじめとする自治体とNGOが窓口となり、各自治体分の合計で年間3000台くらいを途上国へ譲渡している。譲渡する自転車のうち、同区の分は同組合豊島支部に加盟する販売店で整備しているとのことだ。【了】