写真提供:マイナビニュース

写真拡大

数年前の話です。「私なんて……」といつも自分を否定してしまい。なかなか結婚への踏ん切りをつけられない女の子がいて、その子の彼氏さんに頼まれて、プロポーズの言葉を書いてあげました。

それがこの言葉の原型です。

自画自賛で申し訳ないのですが、その時書いた言葉が今更になってどうしようもなく好きになってきたので、今回の連載のオチに使わせてもらいました(笑)

誰かのために真剣になる時、人って自分のポテンシャル以上の力が出ると思うんです。この作品がまさにそれです。実際にプロポーズの言葉に使ってもらったこの作品は、僕の数ある作品の中でも特に幸せな作品です。自慢の子供のような作品です。

"「私なんて……」といつもキミは言うけれど、キミが思うよりずうぅぅっとキミは素敵な人。何を言ってもキミは信じてくれないけれど、それが本当だって証明してくれる魔法の呪文があるからそれをキミだけにこっそり教えてあげるね……。「結婚して下さい」。こんなにもキミを愛しているボクがキミの素晴らしさを証明している。"

<著者プロフィール>
326(ナカムラミツル)
1997年のデビュー以来、イラスト、詩、作詞、作曲、絵本、ゲームのビジュアルプロデュースなど、幅広いフィールドで創作活動を展開しているポップアーティスト。『やさしいあくま』(幻冬舎)、『いつもみてるよ。がんばってるの、しってるよ。』(Think D出版)、『キミが、たいせつ。』(PHP研究所)、『326の恋に殺されそう…。』(宝島社)、『明日にはまだ失敗がない それだけで生きる価値がある。』(ミライカナイブックス)など著書多数。近著は、作品集『326?』と絵本『みにくいこねこ』(ともにキノブックス)。LINEスタンプも発売中。

Twitter: @nakamura326
本の購入はこちらから
326グッズは「326ショップ」で販売中

(326(ナカムラミツル))