ドローン映像は「ストーリー」が問われる段階に:ドローン国際映画祭、第1回が開催

写真拡大

ドローンによる空撮映像を対象とした「フライング・ロボット国際映画祭」が、今年11月に初めて開催される。カテゴリーは6つあり、誰もがネットで応募できる。

「ドローン映像は「ストーリー」が問われる段階に:ドローン国際映画祭、第1回が開催」の写真・リンク付きの記事はこちら

インディーズ系の映画には「サンダンス映画祭」。外国映画には「カンヌ国際映画祭」。そして、最近増えている無人航空機(ドローン)による空撮映像の映画には、もうすぐサンフランシスコで開催される「Flying Robot International Film Festival」(FRiFF:フライングロボット国際映画祭)となりそうだ。

11月19日(米国時間)に開催予定のFRiFFは、「ドローンの視点から空中で撮影された映像を称賛する」世界初の映画祭となる。だがこの映画祭は、単に驚くべき風景撮影術やドローンを称賛するものではない。普段はあまり注目されないカテゴリーの短編が目玉になる、と強調されている。

「映像の美しさはそれほど重要ではありません」と、同映画祭の主催者であるエディ・コーデルは述べている。「一部のカテゴリーでは、そのストーリーが映像の質と同じくらい重要になります」

そうしたカテゴリーのひとつが、「Drones for Good(人のためになるドローン)」だ。ドローンが人道的支援や地球規模の問題の対処にどのように使用されているかという観点から、短編映像が募集される。たとえばドローンはすでに、密漁防止の対策や、戦闘地域への医薬品投下、消火活動、行方不明者捜索などに使用されている。

「そうした、人のためになるドローンの話はあまり注目されません。だから、ドローンといえば最悪のことを連想してしまう人が多いのです。議員たちがあらゆるところでドローンを禁止し始めているいま、『Drones for Good』というカテゴリーで、新たなストーリーを示したいと思っています」

FRiFFは、ドローン映像の国際的な映画祭としては世界初だが、地域限定で見ると先例がある。今年3月に開催された「ニューヨーク・ドローン映画祭」だ。マンハッタンにある「ディレクターズ・ギルド劇場」で開催され、400人を超える映画ファンを集めたこの映画祭が、史上初のドローン映画祭の称号を手にしている。

※ カテゴリーは、「Cinemati」「Drones For Good」「Aerial Sports」「LOL WTF(お笑い部門)」「I Made That!」「Student Film」の6つで、エントリー費用を払えば、誰もがネットで応募できる。10月15日まで受付中で、最終的に入選した作品が、11月の映画祭で上映される。

TAG

DroneFilmFestivalHelicopter ShotStory TellingWIRED US