いずれ「超伝導ホヴァーボード」が街を行き交う未来がやってくるのか

写真拡大

初夏あたりから目につきはじめた、スタイリッシュなホヴァーボードの映像。その正体が、レクサスのグローバルキャンペーン「AMAGING IN MOTION」の新作CMであったことは周知の通り。このキャンペーンを生み出した人物たちが語る製作の舞台裏から、彼らが生み出したクリエイティヴが、この先いかなるインパクトを未来に残すのかを探る。

バルセロナ市街から、地中海に沿って伸びる高速道路を南下すること40分。こぢんまりとしたビーチと映画祭で知られるリゾート地・シッチェスのさらに先にある、クベリャスという名の小さな町の一画で、7月上旬、ある映像作品が撮影された。

「いずれ「超伝導ホヴァーボード」が街を行き交う未来がやってくるのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界有数のスケートボーダーであるロス・マクグランが、魔法のように宙に浮くホヴァーボードを駆って次々とトリックを決める、「SLIDE」である。

ご存じの通りこの作品は、レクサスのグローバルキャンペーンである「AMAGING IN MOTION」シリーズの第4弾として製作された。見たことのないクリエイティヴィティで、アートとテクノロジーの融合を表現してきた同キャンペーンの最新作にふさわしく、サイエンス、テクノロジー、デザイン、アート、そして人間の身体性という要素が折り重なったこの作品が世界に「驚き」をもたらしたか否かは、瞬く間に900万回を数えた再生回数によって、既に結論づけられているだろう。

関連記事レクサスが開発した「ホヴァーボード」、動画が話題に

その「驚き」の核となった白い蒸気をたゆたわせながらフワリと浮かぶホヴァーボードを開発するにあたって技術面で中心的な役割を果たしたが、ドイツのドレスデンを拠点とする超伝導装置メーカーevicoに所属するオリヴァー・デ・ハスだ。彼らの元に「ホヴァーボードをつくって欲しい」という依頼が届いたのは、およそ18カ月前のことだったという。

「ホヴァーボードというプロダクトの性質上、ケーブルをつないでどこからか電力を引っ張ってくることはできません。超伝導による磁気浮上技術に行き着くのは、必然だったと思います。正直、磁気によって浮いたボードをただ滑らせるだけならすぐにでもできたと思います。しかし、『このボードを使ってトリックを実現したい』というのが、レクサスからの依頼でした。そのため小さなボードの中に、重量やサイズやバランスなどさまざまな要素に気を配りながら、超伝導状態をつくりだすために不可欠な要素を開発し、レイアウトする必要がありました」

ボードの中核部には磁石のほかに、イットリウム銅酸化物という素材でつくられた高温超伝導体(HTSL)が埋め込まれている。

「このHTSLの開発に、約4週間かかりました。HTSLが埋め込まれた中核部に液体窒素を満たし、-197度まで冷却することで、超伝導状態がつくりだされます。超伝導状態が生まれることによって電気抵抗がゼロになり、『マイスナー効果』と『ピン留め効果』という現象が発生し、磁石は重力に逆らうようにして浮きはじめる、というのがホヴァーボードの仕組みです。

今回「SLIDE」を撮影するためにつくられたスケートパークにも、実はレール状に永久磁石が埋め込まれています。そのレールの上にボードを置いたときに、強力な浮力が発生するのです。レールの上を通ったり触ったりする分には問題ありませんが、機械式時計やペースメーカーを使用しているのであれば、注意してくださいね」

そう語るオリバー・デ・ハスに、「もうひとつ」のホヴァーボードについて訊いてみた。こちらも動画で話題を呼び、Kickstarterで48万ドルを集めた「HENDO HOVER」である。

「もちろん動画は見ました。あれは、スケートパークのサーフェスの下に敷かれた銅プレートに渦電流を発生させる回転磁石を用いた、電磁誘導タイプでしたね。ある意味IHヒーターのようなものですから、非常に大きな電力を要しますし、ボードにもバッテリーを積まなければならないので、サイズがどうしても大きくなってしまいますよね。ですからエネルギーやデザイン面でも、超伝導を用いるのがベストだったと考えています」

では、もしこのホヴァーボードを市販するとすれば、Kickstarterでいくら調達すればいいのだろうか?

「今回使用しているテクノロジーは、いまのところ、採算を視野に入れていない(笑)科学者のみが使っているテクノロジーばかりなので、商品化するとしたら、かなりのお金がかかると思います。しかし、一度流通がはじまればもちろんコストは下がっていくので、いまの段階で値段をつけるのは難しいですね。ですので、答えは『プライスレス』とさせてください」

TAG

Back to the FutureCreativeHoverboardInside Story

一方、レクサスインターナショナル・グローバルブランディング室室長のデイビッド・ノードストロムは、AMAGING IN MOTIONシリーズの第4弾としてホヴァーボードを作成することになった経緯をこう語る。

「レクサスは、常に挑戦しているブランドでありたいと思っています。そして常にコンシューマーに対し、レクサスとして感動や情熱を伝えられるようなコミュニケーションを取れたらと思っています。今回の『SLIDE』も、その思想のなかから生まれだしたプロジェクトです。

グローバルキャンペーンであるAMAGING IN MOTIONの第4弾をクリエイトするにあたり、初期段階では、さまざまなアイデアが飛び出しました。その中から、『どれくらい挑戦的か』『どれくらい面白さを提供できるか』『どれくらい感動を与えられるか』という点を鑑み、数ある企画の中から、いままで一度も実現されたことのないこのアイデアを選択しました。

本当に実現できるのかわかりませんでしたが、実現できたのなら、きっとコンシューマーに本当の感動や驚きを与えられるだろうと確信しました。それが、ホヴァーボードを選んだ理由です」

クルマメーカーが「浮く」プロダクトを生み出したということで、どうしても期待してしまうのが、SF作品では見慣れた「未来カー」だ。その実現も、もしかして視野に入っているのだろうか?

「はい(笑)。最初の一歩にはなると思っています。今回用いたテクノロジーですと、ホヴァーボードに定期的に液体窒素を充填しなければなりませんが、磁石だけであれば、ずっと動き続けることができます。その運動の抵抗となるのは、風による摩擦のみですから。

もしこの先『ホヴァーカー』を実現するのであれば、永久磁石のレールを公道に埋め込む必要がありますが、リニアモーターカーが実現に向かっているのですから、まったく不可能ということではないと思います。もしかすると先に、ホヴァーボードレーンが実現するかもしれませんね。

驚くようなアイデアをかたちにしてみることで、可能性や課題が具体的に見えてきます。アートとテクノロジーの新しい融合を模索するAMAGING IN MOTIONという取り組みは、クリエイティヴの力を用いて、未来を模索することでもあるんです」

いつの日か世の中がアップデートされ、ホヴァーボードレーンが当たり前のインフラになったとしたら、きっとそのプロジェクトの中核には、かつて「SLIDE」に心をときめかせた人が含まれているに違いない。

レクサスインターナショナル・グローバルブランディング室室長のデイビッド・ノードストロム。「新しいプロジェクトを立ち上げる際、わたしたちは常に『過去のプロジェクトをどのように超えていくか』を議題にします。今回の『SLIDE』を今後どう超えていくかという課題は、まさに嬉しい悲鳴です」

TAG

Back to the FutureCreativeHoverboardInside Story