各種センサーを搭載し、24時間ランナーの体調を見守る

写真拡大

米GARMIN(ガーミン)の正規代理店、いいよねっと(埼玉県富士見市)は、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete(フォアアスリート)シリーズ」から、時計裏面に設置された光学式脈拍センサーによる心拍計測が可能になった「ForeAthlete225J」を2015年8月24日に発売する。直販価格は3万3800円(税別)

ランニング時以外の活動量、睡眠状況も記録「ライフログ」機能

「ForeAthleteシリーズ」は04年9月から日本での展開を開始した、GPSと加速度センサーを搭載し距離やペースなどを計測・記録・管理することができるランナー向けのトレーニングウォッチ。

「ForeAthlete225J」は、裏面に設置された光学式脈拍センサーによる心拍数の計測に対応し、距離やペースの情報に心拍データを合わせ効率の良いトレーニングを行えるという。肌の調子や周囲の状況に合わせて光の強さが自動的に変化する「自動調光」機能で精度の高い計測が可能。日光の下でも視認性が高いカラーディスプレイを搭載。心拍ゾーンと心拍数が色別に表示され、視界のぶれやすいランニング中でも数値の確認が容易だ。

「ライフログ」機能でランニング時以外の活動量も記録できる。クラウド管理サイト「Garmin Connect」でランニング情報と活動量、睡眠状況を自動記録、一元管理が可能だ。50メートル完全防水対応で、ランニング後のシャワーや突然の降雨でも安心。