恐竜使いクリス・プラットに浮気報道!ジェニファー・ローレンスの毒牙にかかる
 この夏休み、家族連れで混み合いどこの劇場も満席! チケットの完売状態が続き、日本で最も見るのが困難だった映画『ジュラシック・ワールド』。全米での興行収入も『アバター』『タイタニック』に次ぐ史上3位の記録的な大ヒットとなっています。

 本作で恐竜を自由自在に操るヒーローを演じるクリス・プラット(36歳)に、ジェニファー・ローレンス(25歳)との浮気疑惑が浮上中。彼の妻がショックを受けていると騒がれています。

◆絶好調男クリス・プラット

 渦中の絶好調男、過去にブラッド・ピット主演の野球映画『マネー・ボール』、ビン・ラーディン殺害作戦を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』、人工知能に恋する中年男の物語『her/世界でひとつの彼女』にも出演していました。けれど、そう言われたところで、さて一体どんな役で出ていたのか思い出せない読者も多いのでは?

 それもそのはず、脇役ばかりの地味な役者業をしていた彼が注目され始めたのは昨年のこと。マーベル・コミックの宇宙ヒーローもの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で主役に抜擢されたことがきっかけ。たちまちホットな俳優として急浮上したのです。

 その注目度は、雑誌『People』が選ぶ2014年の“最もセクシーな男性”で1位のクリス・ヘムズワースに僅差で迫る勢いを持っていたと言われるほど。『ジュラシック・ワールド』の世界的ヒットも後押しして、「2015年の1位はクリス・プラットで決まりだ!」との声もすでにあがっているのだとか。

◆お相手は共演者キラーのJローレンス

 浮気騒動は9月から撮影開始予定のSF作品『パッセンジャー』(原題)から持ち上がったもの。まだ撮影前にもかかわらず、共演者のジェニファー・ローレンスにクリスが夢中になっていると噂になっているのです。

『Star Magazine』によると、すでにクリスはジェニファーを誘ってディナーデートに出かけたとのこと。「二人は笑いのセンスが合うみたいで、とても楽しい時間を過ごしたみたいだよ。それ以来、クリスはジェニファーのことが頭から離れないようで、ことあるごとに彼女がいかに素敵な女性であるかを周囲に語っているよ」と関係者が明かしています。

 ジェニファーといえば、これまでニコラス・ホルト、ブラッドリー・クーパー、リアム・ヘムズワース(クリス・ヘムズワースの弟)など、共演俳優との恋仲が逐一騒がれてきた共演者キラー。

 あの美貌と天真爛漫なキャラクター、男優陣がハマってしまうのも分かる気がしますが、実際に交際まで発展したのはニコラス一人だけ。本人は共演者との噂など気にしていないようです。

◆火のないところに煙は立たない?

 問題は、ジェニファーに骨抜きにされたと噂されるクリスがすでに妻帯者だということ。2009年にTVドラマを中心に活躍する女優のアンナ・ファリス(38歳)と結婚し、二人には3歳になる息子のジャック君もいます。

『US Weekly』によると、妻のアンナはこの報道について「事実無根」と完全否定。「寝耳に水。夫が浮気だなんて、嘘だってわかっていても傷つくものね 」と心中を明かしています。

 これまでゴシップ報道は他人事として、「火のないところに煙は立たない。ゴシップ報道には必ず真実が混じっているはず」と面白半分で眺めていたというアンナ。急にスターになった夫に降りかかった浮気報道に、戸惑いを隠せない様子です。

 絶好調男の浮気報道、さて真相はいかに? 煙はどうして立ってしまったのでしょうか?

Source:
『Star Magazine』http://bit.ly/1TBOROJ
『US Weekly』http://usm.ag/1UHUkGi

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)