昭文社「まっぷる はじめてのお遍路」発売 リピーターも″使える″情報満載

写真拡大

昭文社は2015年8月26日に、「まっぷる はじめてのお遍路」を発売する。

「お遍路」は、弘法大師ゆかりの88の札所を巡るもので、四国4県を一周するその道のりは1400キロに及ぶ。しかし今では車で移動したり、短期間に分けて巡るなど、さまざまなスタイルで参拝することができるため、老若男女問わず気負わずにお遍路を始めることができる。

四国の自然の中でお参りを重ねることで気持ちが凛と引き締まったり、他の「お遍路さん」との交流があったりと、他の旅行では得がたい体験も魅力だ。

立ち寄りスポットも数多く掲載

「まっぷる はじめてのお遍路」は、初めてお遍路に挑戦する人のために、ハウツー情報を豊富に掲載したガイドブック。お遍路とあわせて楽しみたい立ち寄りスポットも数多く掲載しており、リピーターにも読み応えのある一冊になっている。

お遍路の概要や歴史を解説し、実際の交通手段や持ち物・服装の準備や、近年増加している、期間や札所を限定した「区切り打ち」という旅行感覚でお遍路に挑戦できる方法を紹介。また、寺院の境内に設けられた宿泊施設への泊まり、朝夕のお勤め体験や精進料理などを体験することができる「宿坊」の利用方法の説明もある。

また、札所の近くにある観光スポットやグルメ、休憩にぴったりな日帰り入浴施設なども数多く掲載。巡礼をしながら四国の豊かな自然やグルメ、文化に触れられる。

購入者は読者限定の無料旅行アプリ「まっぷるリンク」を使うことができる。同アプリには、ガイドブックと同じページが無料でまるごと見られる電子書籍機能や、旬の情報やイベントなどを確認できる「旅コメント」機能など、便利なサポート機能が詰まっている。

価格は950円(税別)。