Doctors Me(ドクターズミー)- 昼寝をすると記憶力があがるってホント!? 昼寝の効果を徹底解説!

写真拡大

“昼寝は身体にとっていい!”と聞いたことがあるかもしれませんが、実際にどのような効果があるのかご存知ですか? 今回は昼寝がもたらす効果について、医師に聞いてみました。

寝ると疲れがとれる

仕事や通学、家事など、起きて動いていると知らず知らずのうちに身体や脳は疲れを感じています。昼寝は、これらの疲労をとってくれる働きがあります。脳が感じていたストレスを睡眠によって解放することでリフレッシュでき、短時間の睡眠で活力が戻って、仕事の効率があがるともいわれています。

昼寝をすることで記憶力アップ!?

また、昼寝により記憶力があがるという驚きの研究報告もされています。

昼寝をしたグループとしないグループでの学習効果を比較したところ、昼寝をしたグループの方が、成績がよくなったという結果が出たのです。寝ている間に、脳は起きているときに手に入れた情報を整理しているといわれています。昼寝をすることで、このような働きがあったのではないかと推測されます。

心臓病のリスクもダウン

昼寝をすることで、心臓病のリスクが減るという研究報告がアメリカなどでされています。そういった意味では、昼寝は寿命を延ばす効果があるともいえるでしょう。

効果的な昼寝のとり方とは?

では、どのような昼寝が身体や脳にとって最適なのでしょうか。

昼寝の意義は、脳や身体に休息を与えてリフレッシュさせるということです。そのため、しっかりとは眠りに落ちなくても、机などに顔を伏せたり、目をつぶって静かに休憩をとるだけでも、効果的といえます。

また、昼寝はあまり短すぎてもしっかりとした休息がとれません。かといって、あまり長く寝過ぎてしまうとすっきり目覚めるのが難しくなり、仕事などに戻り辛くなります。だいたい眠りに入ってから30分ほどで脳が深い眠りに入り起き辛くなってしまうので、10〜20分程度の昼寝が最適といえるでしょう。

医師からのアドバイス

忙しい生活のなかでも時間を見つけて、上手に仮眠や昼寝をとりましょう。身体や脳をうまく休ませながら、仕事などの効率をあげられるといいですね。