米国・認可第1号「女性版バイアグラ」の効果のほどは

写真拡大

ベッドルームでの問題に関していえば、男性には既に「クスリ」という選択肢がいくつかあったが、女性にはそのオプションが用意されていなかった。しかし、それがいま、変化し始めている。

「米国・認可第1号「女性版バイアグラ」の効果のほどは」の写真・リンク付きの記事はこちら

米食品医薬品局(FDA)が、女性のリビドーの低下を治療する、米国初の経口薬を承認した。「女性版バイアグラ」という愛称をもつ「フリバンセリン」は、性的欲求低下障害、あるいは閉経前の女性の性的欲求の持続的減退を治療するとされている。

もっとも、その愛称にも拘わらず、フリバンセリンはバイアグラとは異なる機能をもっており(その目的は、性器への血流増加ではなく、脳内の化学物質に対するものだ)、対象となる障害に、10人に約1人の女性が冒されているといわれている。

「この承認で、性的欲求低下で悩んでいる女性に対し、正規の治療の選択肢が提供されることになります」と、FDA製剤評価研究センター局長のジャネット・ウッドコックは述べている。「FDAは女性の健康を保護し、増進することに努めています。女性の性機能不全に対する安全で有効な治療法の開発を支援するよう、真剣に取り組んでいます」

しかしながら、この薬自体については議論の余地がある。2010年以降、直近では2013年に、その副作用を理由に、FDAは二度にわたってフリバンセリン[の申請]を却下してきた。薬の支持者たちは、選択肢がないと苦しんでいる女性を救えると述べているが、その一方で、批評家たちは、製薬会社が、実際にははるかに複雑なはずの“予期される問題”を、その場しのぎの解決法で解決しようとしていると主張する。

一部の医師、患者、そして活動家たちは、男女間の医療における不均衡を性差別だととらえている。FDAは、女性の性機能不全を、治療されるべき最も重要な疾病分野として分類している。

[フリバンセリンの開発元である独ベーリンガーインゲルハイム社を買収した]スプラウト・ファーマシューティカルズ社の言い分は、次の通りだ。

「かねてより、我々はこう言いたかったのです。『女性はとても複雑だし、セックスも複雑だ。男性だろうが女性だろうが、セックスは複雑だ』。他のすべてのことは上手くいっているのに、個人的・対人関係上いずれかの悩みを引き起こしてしまっている女性、かつて知っていた欲求を失ってしまった女性たちにとって、この治療は助けになりえます」(スプラウト社CEOシンディ・ホワイトヘッド)

しかし、批評家たちはいまもって、フリバンセリンはその機能以上の問題を引き起こしかねないことを危惧している。さらに一部の研究者は、眠気や吐き気といった薬の副作用を考えれば、その効用は取るに足らないものだと主張する。男性にとって、バイアグラの摂取は“そのつど”の服用で済むが、フリバンセリンは日々服用し続けなければならない。飲酒などの習慣と薬とが合わさることで副作用のリスクも上がるかもしれないし、プラシーボ以上の効果が証明されていないと言う人もいる。

「フリバンセリンは、予測できない低血圧症や突発性失神といった深刻な障害を引き起こす可能性があります。また、アルコール、経口避妊薬、抗真菌薬、トリプタン、その他の多くの薬によって、副作用が悪化します」

約200名の研究者チームは、FDAに送付した書簡のなかで上のように述べ、当局がその薬を却下するよう要求していたほどだ。

それでも、FDAはこの薬を承認した。先述したFDAのウッドコック氏は、「アルコールとの併用によって潜在的な作用があるので、認定ヘルスケア専門家や認定薬局を通じてのみ利用可能になる予定だ」と述べた。また、スプラウト社によると、10月中旬までに薬の処方箋の準備が整うという。