写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するアクションフィギュアシリーズ「ROBOT魂」より、『ROBOT魂ヒステリカ』の予約受付が、「プレミアムバンダイ」でスタートしている。2016年1月発送予定で、価格は9,936円(税込)。

「ヒステリカ」は、2014年10月〜2015年3月にTOKYO MXにて放送されたTVアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』に登場する可変式ロボット兵器で、"調律者"を名乗るエンブリヲ専用の「ラグナメイル」。基本構造は他のラグナメイルと同様だが、その詳細なスペックは明らかになっていない。終末戦争に投入され、両肩部に搭載された「ディスコード・フェイザー(収斂時空砲)」により、地球上の全文明を破壊し尽くした。「ROBOT魂」の同シリーズとしては、「ヴィルキス」「焔龍號」に続く立体化となる。

『ROBOT魂ヒステリカ』は、駆逐形態から飛翔形態へ一部パーツの差し替えで変形可能。複雑な両形態のフォルムを忠実に再現している。螺旋状の角、頭部の女神像など各パーツにゴールド、シルバーなどを使用し、質感や輝きも表現。「ディスコード・フェイザー(収斂時空砲)」は、肩まわりのパーツ差し替えで発射形態が再現され、左腕のシールドや右腕のソードはクリアパーツ仕様となる。セット内容はフィギュア本体に加え、交換用手首左右各2種、ライフル、ビームシールド、変形用フレーム、ディスコード・フェイザー再現パーツ。

商品価格は9,936円(税込)で、「プレミアムバンダイ」の予約締切は後日商品ページにてアナウンス。商品の発送は、2016年1月を予定している。