盛りあげよう!東京パラリンピック2020(33)

【ウィルチェアーラグビー三阪洋行選手インタビュー Vol.2】

 現在、千葉県のチームBLASTのプレーヤーとして、また日本代表ではアシスタントコーチとして活躍する三阪洋行。前回うかがった、人生のターニングポイントになったという20歳のときのニュージーランド留学を経て日本代表へと上りつめ、パラリンピック3大会出場を果たした。今回は、ニュージーランド留学後に感じたプレーヤーとしての自身の変化と、出場したパラリンピックについて振り返ってもらった。

伊藤数子(以下、伊藤):ニュージーランド留学でウィルチェアーラグビーへの取り組み方は変わりましたか?

三阪洋行(以下、三阪):はい。まず、ラグビーの本場でウィルチェアーラグビーを経験できたというのがすごく大きくて、ニュージーランド代表がいるチームでトップレベルを体験して、よりウィルチェアーラグビーを競技スポーツとして捉えられるようになりました。現地でトップを目指している選手に、障がい者というのを抜きに、アスリートとして必要なことをやっている姿を見せられたことで、この競技の先を感じられたというか......。目指す先には世界があるということを肌で感じられたんです。

伊藤:実感として、ということですね。

三阪:そうですね。

伊藤:大きな転機となったニュージーランドでの4カ月間、留学前と留学後では、ご自身の将来に対するイメージも変わりましたか?

三阪:変わりましたね。外に出て何か変わることってたくさんあると思うんです。百聞は一見にしかずですね。自分が抱いていた障がい者のイメージと、海外の障がい者のイメージが少し違いました。日本では、できないから手伝うとかできないから守るという考えがあると僕は思うんですが、海外は障がいがあっても個を尊重するので、自分でやれるのかどうかという意思表示をまず待ってくれるということが大きかった。

伊藤:例えばどんなことがありましたか?

三阪:言葉の掛け方でいうと、日本は「お手伝いしましょうか」。できないからお手伝いしましょうかというの対し、海外では「Are you OK?」って、「大丈夫か? 自分でできるのか?」でした。一人の人間として尊重し、向き合ってくれたという意味では、価値観を変えてもらった大きなきっかけだったと思います。あとは甘えてる自分がすごく嫌やったんですけど、無謀なチャレンジに成功した時に、自分のことを褒めてあげたいと思えたし、自分の可能性に期待できるようになりました。

伊藤:自分に期待できるってすごい言葉ですね。

三阪:そうですね。でも、自分でもちょっとビックリしました。誰もが失敗して1カ月ぐらいで帰ってくると思ってたらしいんです(笑)。

伊藤:そうなんですね(笑)。4カ月後、日本に戻ってきて、プレーに変化はありましたか?

三阪:ありました。やっぱりニュージーランドの組織的なプレーっていうのを学ばせてもらいました。もちろん一人一人の個人の能力も高いんですけど、組織力で戦うっていうのを、まだ未熟だった日本のチームに持ち帰れたっていうところは、ひとつ日本代表が次のステップに行くきっかけになったのかなと思います。

伊藤:ニュージーランドに行ったのが2002年で、アテネパラが2004年ですから、代表に選ばれたのは2003年。

三阪:そうですね。2003年に千葉県で開催された、アジア・オセアニアゾーン選手権が、初代表入りですね。その大会では、ニュージーランド、オーストラリアに全然歯が立ちませんでした。僕は数秒とか1分とかそんなレベルでしか出番がなかったんですけど、最終戦のニュージーランド戦で、初めてスターティングメンバーに選ばれて、チャンスをもらいました。そこがまたターニングポイントというか、結論から言うと、そこでプレーヤーとして結果をうまく出せたんです。相手がニュージーランドで、彼らがどういうプレーヤーかっていうのを知っていたので、思い切りやれたというのがありました。

伊藤:日本代表で初めてスターティングメンバーとして出場した試合が、ニュージーランド戦だったことはちょっと運命的なものを感じますね。

三阪:そうなんですよ。粋な計らいもあったと思うんですけど。実は、留学から日本に帰る時、「帰ったら絶対に日本代表に選ばれるから対戦しよう」っていう話はしていたんです。で、ニュージーランドの国内大会のレセプションパーティーで、最後というのもあって、「スピーチしていけ」って言われて。その時ちょうど塩沢さん(※)からメールで『2003年のゾーン開催が千葉県に決まりました』って連絡が来てて、「どうやら千葉で大会をやることが決まったそうで、僕もその時代表にいるので、ここにいる皆さん、また会いましょう」と言ったら本当になりました。
※日本ウィルチェアーラグビー連盟会長

伊藤:実現したんですね。

三阪:そんな経緯もあって、初代表は特別な場になりました。

伊藤:その翌年にはアテネパラリンピックに出場されましたが、日本は最下位。

三阪:そうですね。ただ最下位の経験が、次はここで勝ちたいっていうモチベーションに変わっていきました。北京パラまで、ニュージーランドに行ったり、キャプテンをやったり、いろんなことに挑戦しました。2008年の北京パラ直前に行なわれた国際大会ではベストプレーヤーをもらったりして、これはイケると思いました。カナダにさえ勝てば、メダルが見えてくるという気持ちで臨んだんですが、残念ながらカナダ戦を落としたことでガタガタと崩れていきました。

伊藤:自信があっただけにショックも 大きかったということでしょうか?

三阪:はい。日本代表を目指すのを辞めようかとも考えました。でもこの結果では終われないと思い直して、ロンドンまでもう一回チャレンジしようといろいろ試行錯誤しました。でもその後、体の調子がすぐれなくて、両手の握力がなくなってきたり。いくつも病院を回ったものの結局回復せず、正直ロンドンパラのメンバーに選ばれるかどうかも微妙な状況だったんです。結果、ロンドンパラでは思うようなプレーが全くできないままで終ってしまいました。

伊藤:つらかったですか。

三阪:キャリアがあっても、最後ってこういう終わり方するんだなと思いました。実は、ロンドンパラに行く直前も、若手に譲ったほうが良かったんじゃないかって代表チームに話したんです。その時に経験のある選手が必要になるって言われて、選んでもらったことに対してできることをやろうと思いを持って臨みました。

伊藤:迷いのある中でのロンドンパラだったんですね。

三阪:そうですね。自分としてはできる限りのことをやったんですけど、正直、初めて「早く時間が経てばいいのに」と、心の底から楽しめない時間が多いパラリンピックでした。これまでの経験を生かして、チームのサポートに徹することを求められたけど、やっぱり選手としてはコートに立ちたいという思いの方が強くて、上手くサポートできなかった。急な展開だったし、いろんなことが中途半端で終わってしまいました。

伊藤:なるほど。自分の居場所が見つけられなかった。

三阪:そうですね。見つけられなかったですね。でも、せっかくここに来て、来たくても来られなかった人がいる中で、自分ができることをしなきゃと思ってやり続けた結果、終わったときに「終わったな」って。パラリンピックっていう舞台に自分が来ることはもうないなと思いました。こういう終わり方も自分らしいと言えば自分らしいと思ったんですよね。

伊藤:この終わり方が自分らしいというのは?

三阪:紆余曲折がありながら、なかなかピークのまま終わるってないねんなと思って。アップダウンのある人生なら、極端な終わり方するのも自分らしいのかなって。

伊藤:そのあとはすぐにコーチに?

三阪:それが違うんですよ。ロンドンパラ後は代表を目指すことを優先せず、国内で楽しめる範囲でプレーして、若手と一緒にやるのも楽しいなと思っていたので育成に手を貸したり、新体制の代表合宿にちょこちょこ顔を出していました。その時にヘッドコーチからも声をかけていただいたこともあったんですが、やっぱりロンドンパラのトラウマがあって、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

伊藤:それが変わるきっかけがあったんですか?

三阪:ひとつではないんですが、踏ん切りがつかなかった2年の間も、いろいろなことがあって結局アシスタントコーチを引き受けることにしました。

伊藤:それでは次回、悩みながらもなぜアシスタントコーチを引き受けたのか、そして今はどんな日々を送っているのか、聞かせていただけますか?

三阪:はい、わかりました。

【プロフィール】
■三阪洋行(みさか ひろゆき)・写真右
1981年6月21日生まれ。大阪府出身。ウィルチェアーラグビー元日本代表。現在は千葉のBLASTというチームに所属しプレーする一方、代表ではアシスタントコーチを務めている。パラリンピックは、2004年アテネ、2008年北京、2012年のロンドンと3大会に出場。中学生で健常のラグビーを始めたが、高校3年生の時、練習中の事故から頸椎を損傷し、車いすの生活となった。その後、ウィルチェアーラグビーと出会い、ニュージーランド留学を経て、日本代表入りを果たしている。

■伊藤数子(いとう かずこ)・写真左
新潟県出身。NPO法人STANDの代表理事。2020年に向けて始動した「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」では顧問を務めている。2003年、電動車椅子サッカーのインターネット中継を企画、実施。それをきっかけにしてパラスポーツと深く関わるようになった。現在、パラスポーツの競技大会のインターネット中継はもちろん、パラスポーツの楽しみ方や、魅力を伝えるウェブサイト「挑戦者たち」でも編集長として自らの考えや、選手たちの思いを発信している。また、スポーツイベントや体験会を行なうなど、精力的に活動の場を広げ、2012年には「ようこそ、障害者スポーツへ」(廣済堂出版)」を出版した。

文●スポルティーバ text by Sportiva