「退屈」はクリエイティヴにとって重要だ:研究結果

写真拡大

退屈な時間が脳にとってある種のピットストップとなっていることを、いくつかの研究が示唆している。この時、脳は自らの創造性のガソリンを補充している。

「「退屈」はクリエイティヴにとって重要だ:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

幸福論』(原題:The Conquest of Happiness)と題した1930年のエッセーで、バートランド・ラッセルは「退屈に耐えられないのは小人物であり、そうした人たちにおいては、あらゆる生命の衝動が衰える」と書いている。

現在、80年以上を隔てて、さまざまな心理学研究が、このイギリスの哲学者の主張を正しいと認めているようだ。

ネットに接続されたデヴァイスが細かな時間の断片をすべて埋めうる時代において、退屈は撲滅すべきウイルスのように扱われている。その一方で、どうやら退屈は、個人の精神的健康のための必要条件であり、逆説的だが、クリエイティヴなプロセスを適切に機能させるために、放棄できない要素だ。

関連記事男は退屈より電気ショックを選ぶ:研究結果

中央ランカシャー大学の博士、サンディー・マンは、退屈と注意散漫がクリエイティヴな作業に及ぼす影響を研究しようと、さまざまな実験を行った。こうした実験のひとつにおいて、マンはまず40人の学生グループに、「電話帳から電話番号を書き写す」という反復的で刺激に乏しい課題を与えた。

次に、このグループと何もしていないグループそれぞれに、「ポリスチレンの2つのカップの活用方法をできるだけ多く見つける」という課題を与えた。すると、電話帳の番号をコピーしなければならなかったグループは、後者よりもずっと創造的であることが判明した。

このような研究から、退屈な時間が有害とはほど遠く、脳がその創造力のガソリンを補給する、ある種の「ピットストップ」[訳注:F1でマシンがピットに入ること] となっていると推察される。

1993年に出版された『On Kissing, Tickling and Being Bored(キスとくすぐりと退屈について)』において、イギリスの心理学者アダム・フィリップスは退屈を、「何かが起こるかもしれないけれど何も起きないあの宙づりの予期の状態、欲望のなかで最も馬鹿げて逆説的なものをめぐるぼんやりとした不安の精神状態、欲望の欲望」と描写した。

いくつかの仮説では、この「宙づりの予期」の状態は、創造性にとって不可欠の要件だという。簡単に言うと、退屈な時間を過ごしている間、脳は放心や白昼夢にふけるのに十分な余地をもつ。これは、モシェ・バールや他の科学者が証明したように、認知プロセスにおいて中心的な役割を果たす。

こうした理論が100パーセント信頼できると仮定しよう。退屈はよいもので、わたしたちの創造性にとって本質的だ、と。では、何をすればいいのだろうか?

ひとつのアイデアは、リラックスや睡眠に時間を費やしたり、うたた寝をしたり散歩をしたりしようと心を決めることだ。

筆者は最後にいつ本当に退屈したかを覚えていない。救いようのない実存的な空白がずっと続く「本当の退屈」のことだ。しかし、それを最後に経験したころは、手の届くところにスマートフォンはなかったし、ソーシャルメディアにアクセスすることもできなかった。

最近では、労働環境であれ家庭環境であれ、マルチタスキングが人々の生活に及ぼしている影響についての研究や統計が毎日のように登場している。

同時に行われるさまざまな作業に対処することは、コルチゾールのレヴェルの上昇を引き起こす。そして、より多くの人々がマルチタスキングを行うようになってきているとはいっても、一度にひとつ以上の仕事に効果的に注意力を向けることができる人は平均でわずか2パーセントにすぎない。

実際のところ、自由時間にいつも自分の携帯電話をいじる習慣のある人というのは、退屈できる可能性のある、あらゆる状況から無理矢理距離を置いているのだ。

退屈することのできる状況に身を置くこと(例えば自分のスマートフォンをポケットに入れておいたり、あるいは単純に、何もせずに時間を過ごす可能性を受け入れること)は、悪いアイデアではないかもしれない。

とはいえ、退屈がまだ研究すべきことばかりの精神的プロセスで、これもまたさまざまな否定的側面を示すことは確かだ。臨床学的観点からは、退屈はしばしば衝動抑制障害や過食症、向精神性物質の濫用、さらには賭博の問題とも結びつけられる。

しかし、退屈することが欲求不満を引き起こすかもしれないとしても、恐らく、これを病気のように避けるのではなく、耐えることを学ぶ必要があるのだ。

結局のところ、ヴァルター・ベンヤミンが述べたように、「眠りが身体的なリラックスの絶頂であるならば、退屈は、精神的リラックスの絶頂である」のだ。

TAG

BoredomCreativityMindhackResearchWIRED IT