オーランド・ブルームが「パイレーツ・オブ・カリビアン」に復帰。

写真拡大

オーランド・ブルームが、最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン:デッド・メン・テル・ノー・テイルズ」でシリーズ復帰を果すことがわかった。

2011年作「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」には出演しなかったオーランド。しかし、シリーズ第5弾に再びお馴染みのキャラクターであるウィル・ターナーとして戻ってくることになると、先週末行われたD23エキスポの会場でディズニーの幹部らが発表した。

最近オーストラリアの撮影が終了した、2017年7月公開予定となっている同作品にオーランドが出演することが、今になって正式発表されたわけだが、昨年の時点で同作品に再出演する交渉が行われているとオーランド自身が明かしており「いま、話し合いが行われているところで、僕はやる気だよ。ジョニー(デップ)や監督のゴア(ヴァービンスキー)と一緒に働いたことは僕にとってとても素晴らしい経験だったんだ。ジョニーと一緒に仕事してとても良い時間を過ごしたし、僕がこの映画に出演しようと思った理由もジョニーがいたからなんだよ」と語っていた。

ジェフリー・ラッシュ、カヤ・スコデラリオ、ブレントン・スウェイツ、ハビエル・バルデム、ケヴィン・マクナリーらもこの期待高まる第5弾に出演することが決まっているが、オーランドの恋人役エリザベス・スワンとして登場していたキーラ・ナイトレイの出演はないようで、昨年11月キーラはあるインタビューの中で「もうこの映画に戻ることはないと思うわ」「この映画に出演したことは私の人生において素晴らしい場面ではあったし、素晴らしい5年間だったけれど、もう戻ることは想像できないのよ」と語っていた。