250R

写真拡大

ヤマハ発動機(静岡県磐田市)は、高性能250ccエンジンをアルミ製フレームに搭載したオン・オフロードモデル「WR250R」(72万1440円、税込)と、スーパーモタードの味わいを楽しめる「WR250X」(75万3840円、同)のカラー設定及びグラフィックを変更した2016年モデルを9月10日に発売する。

躍動感あるビッグロゴグラフィックを採用

「WR250R」には、競技用モデル16年YZシリーズのイメージを引き継いだ「ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)」と、躍動感あるビッグロゴのグラフィックで存在感を印象づける「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」の2カラーをラインアップ。

「WR250X」には、ストリートに映える「ヤマハブラック(ブラック)」と「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」を継続して採用。新たな特徴として、タンクサイドからサイドカバーにビッグロゴグラフィックとリムにゴールド処理を施した。