テッドの“くま友”達が応援に、有吉弘行&こじはるが舞台挨拶。

写真拡大

タレントの有吉弘行(41歳)と、AKB48の小嶋陽菜(27歳)が8月18日、映画「テッド2」の舞台挨拶に登壇。全国各地から人気の“くま”ゆるキャラたちも応援に駆けつけた。

日本語吹替え版の完成を祝して、テッドと、テッドの“くま友”でもある全国各地のご当地キャラ(くまモン、メロン熊、ゾンベアー、コーベアー、アルクマ)がスペシャルゲストとして来場したこの日のイベント。有吉の「字幕の方が面白いので、ぜひもう一度字幕版を観て下さい!」、小嶋の「もふもふファンクラブ代表としてテッドを応援します!」との言葉でスタートした。

映画の感想について、有吉は「相変わらずくだらない映画ですね。まあ楽しいですよ。今回は感動するところも多かったですしね。」と語る一方、小嶋は「今回はテッドが泣いちゃうシーンがあって、ちょっと感動しました」と、テッドに感動を覚えたと明かしたが、次にテッドがウケる理由について問われると「内容とかじゃなくて、クマがみんなすきなんですよ!」と実にシンプルな回答で会場の笑いを誘っていた。

そして“くま友”が会場に姿を現すと観客は大興奮。登場するやいなや、小嶋に抱き付くテッドに「腰を振るんじゃない!後で事務所に怒られればいいのに」と有吉がツッコミを入れると、会場からは大きな笑いが起きていた。

映画「テッド2」は、8月28日(金)より全国ロードショー。