貯金ではほとんど利息がつかない今の時代、株での資産運用を考えるのも手。魅力的な優待も増えているため、初心者にもぜひチャレンジして欲しいと資産アドバイザーの竹内拓也さんは言う。

「私が初めて購入した株はCDやDVDのレンタルサービスを行う『ゲオホールディングス』。頻繁に利用していたため、優待を使ってわずか半年で3万円分もの得に。まずは自分がよく使うメーカーが株主優待制度を設けているかをチェック。そして、初心者は低価格のものから始めるのがおすすめです」(竹内さん)

 年に2回株主優待の進呈がある銘柄も狙い目だという。

「優待が多いのはうれしいですよね。権利確定日をバラバラにしていくつかの銘柄を買うのもおすすめ。たびたび優待品が送られてくると楽しいものですよ。ただし、期限つきの優待券は使い切るように注意が必要です」(竹内さん)

 また、人気優待の権利確定日直前は、株を買う人が増え、株の値動きが激しくなることがあると、個人投資家の小森美紀さんは語る。

「変動の激しいときに初心者が株を売買するのはリスクがあり、ヘタをするととても高い値で株を買ってしまう恐れも。それを避けるために、権利確定日の1か月前までには、目当ての銘柄を買っておくことをおすすめします」(小森さん)

 権利確定日が9月の銘柄を買うなら、今が仕込みどき!

「この秋さっそく優待を受けたい方は、ぜひ8月中に購入を」(小森さん)

 では「株を始めてみよう」と思ったあなたに、知っていると得をする裏ワザテクを伝授!!

【口座開設で現金GET!】

 証券会社に口座開設するだけで現金がもらえる場合も。「サイト申し込み限定でのキャンペーンもあるので、ネットで調べてから始めるといいですよ」(前出・竹内さん 以下同)。

【長期保有で優待アップ】

 長期で株を保有する株主に、優遇を拡大する企業が増えている。「たとえば『ビックカメラ』は1年以上の保有で優待券額が2倍になります。当初の優待利回りが低くても、長期保有で高くなる株もあるので予めチェックを」。

【家族で優待2倍取り】

 持ち株数と優待額は正比例しないケースが多い。「100株で3000円分の商品券がもらえる優待でも、200株で6000円分もらえるわけではありません。もし200株買うなら、家族2人で100株ずつ買ったほうが、優待が2倍になりお得です」。

※女性セブン2015年8月20・27日号