『GIRLS』ロゴ

写真拡大

アメリカの連続ドラマ『GIRLS/ガールズ』シーズン5に水嶋ヒロが出演していることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

2012年にHBOで放送がスタートした『GIRLS/ガールズ』は、レナ・ダナムが脚本、監督、製作総指揮、主演を務める連続テレビドラマ。拡大する経済格差や就職難などを背景に、ニューヨークに暮らす20代の女性・ハンナ、マーニー、ジェッサ、ショシャンナの4人が恋や友情、仕事などに悪戦苦闘する姿を描く。製作総指揮には『40歳の童貞男』などで知られるジャド・アパトーが参加している。

本国では今年3月にシーズン4の放送が終了し、就職が決まったショシャンナが東京へ行く、というストーリーで幕を閉じた。今回シーズン5の撮影のためにレナ・ダナムが来日し、東京でのロケに際して水嶋が起用された。水嶋が海外ドラマに出演するのは、同作が初めてだという。

ダナムは水嶋について「ヒロは主役としてだけでなく、コメディ俳優の才能もあると感じる。スタッフに対してもとても明るく親切。彼ほどの有名人では珍しいと思うほど、とても謙虚な姿勢が印象的だった。彼には人を引き付ける魅力があり、これからも日本国内にとどまらず、アメリカやイギリスの映画やドラマにも出演してほしい。また他の作品も含めて一緒に仕事ができることを願っている」とコメントしている。

なお、日本で同作はシーズン3までがスターチャンネルで放送されている。同局では、来年以降のシーズン4の放送に先駆けて、シーズン1から3までの全話を11月から連続放送する。