写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは、千葉県・船橋市のご当地キャラクター「ふなっしー」公認の弟「ふなごろー」の触覚を商品化した『DXふなごろーの触覚』を2015年9月19日に発売することを発表した。価格は3,996円(税込)。

『DXふなごろーの触覚』は、「ふなごろー」の頭部に生えている緑色の触覚をモチーフにした玩具。自分の声を録音して再生すると「ふなっしー」風の声に変化し、「ふなっしー」と同じく語尾に「なっしー!」が付く「梨語変換機能」を搭載している。ライト機能もいており、ライトモードにすると触覚の先端がぼんやりと発光。さらに、「ふなっしー」公認の兄弟たちを描いたコレクションプレート『ふなっしーのめいっしー 』シリーズとの連動機能として、スキャンするとキャラクターに応じた声を聞くことができるという。『DXふなごろーの触覚』には、『ふなっしーのめいっしー』が3枚同梱される。

「ふなっしーのめいっしー」専用サイト『ふなログ』では、「ふなっしー」が人気YouTuberのヒカキンになりきって『DXふなごろーの触覚』を紹介する「フナキンTV」も公開中。梨野ノブナガなど、『ふなっしーのめいっしー 』に登場するキャラクターの声が実際に披露されているほか、本家ヒカキンがピザの配達員に扮して部屋を訪れ、実際に「梨語変換機能」の性能を検証している。

商品発売にあたって、「ふなごろー」の兄である「ふなっしー」は、「ふなごろーはものづくりの天才なっしー! だけどまさか自分の触覚を改造するなんてびっくり仰天なっしなー!」と弟を称えるとともに、「梨妖精業界でも大ブレイクのアイテムなっしよー! みんな遊ぶなっしー! ヒャッハー!!!!」とコメントを寄せている。

(c)ふなっしー