人類は今年、「1年分の地球資源」を8カ月で使い果たした

写真拡大

人類による資源消費量が、その1年間に地球が生成できる資源量を超える「アース・オーヴァーシュート・デー」。1970年には12月23日だったが、年々その時期は早まっており、今年は8月13日だった。

「人類は今年、「1年分の地球資源」を8カ月で使い果たした」の写真・リンク付きの記事はこちら

今年の8月13日は、「アース・オーヴァーシュート・デー(Earth Overshoot Day)」だった。

アース・オーヴァーシュート・デーとは、人類による資源消費量が、その1年間に地球が生成できる資源量を超える日のことだ。われわれ人類は計算上、2015年分の地球の環境容量(バイオ・キャパシティー)を、8月13日までにすべて使い切ってしまったことになる。

アース・オーヴァーシュート・デーは、1970年代から計算されており、その時期は年々早まっている。1970年のアース・オーヴァーシュート・デーは12月23日だったが、80年には11月3日、90年には10月13日となり、2000年には10月4日になっていた。今年のアース・オーヴァーシュート・デーは、2014年の記録より4日早かった。

この背景には、森林破壊、きれいな飲用水の不足、土壌浸食、生物多様性の喪失、そして地球温暖化によってもたらさる、人類による「生態系の浪費」がある。アース・オーヴァーシュート・デーは、食糧、木材、水、その他の資源をすべて考慮に入れ、これらの資源を供給するのに必要な土地の面積によって計算されている。

「人類のカーボンフットプリント(二酸化炭素排出量)だけでも、1970年代初頭と比べると2倍以上に増えています。ちょうどそのころから、世界は生態系を浪費する時代へと突入していきました。生態系の浪費量と地球のバイオ・キャパシティーとの差が広まるペースは加速し続けており、いまは過去最速の状態になっています」

国際的シンクタンク「Global Footprint Network」の代表で、地球の資源生成の年間予算を計算するシステムの共同開発者でもあるマティス・ワケナゲルはこう語る。

このまま地球を放置しておくと、2030年のアース・オーヴァーシュート・デーは6月28日になると推定されている。つまり、人類が必要とする資源をすべてつくり出すには地球が2個必要だ、という意味だ。

しかし「国連気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の提案に沿って、二酸化炭素排出量を2030年までに現在より30パーセント減らすことができれば、アース・オーヴァーシュート・デーを9月16日にまで遅らせることができるだろう。人類が地球の温度上昇を、産業革命以前との比較で摂氏2度以内に抑えることができれば、オーヴァーシュート・デーの早まりを阻止することができると考えられている。

また、各国のオーヴァーシュート・デーも計算されている。

Global Footprint Networkによると、日本は2014年、自国環境容量の7倍を消費している。中国は2.2倍、UAEは12.3倍だった。

人口密度が高く、バイオ・キャパシティーが小さく、経済的に豊かな国には、オーヴァーシュート・デーがより早く訪れる。都市国家シンガポールは1月2日に、カリブ海にある豊かな島国バルバドスは1月15日にオーヴァーシュート・デーを迎えている。

人口が少なく、エコロジカル・フットプリント(人間活動が環境に与える負荷を、資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値)が大きい国のオーヴァーシュート・デーは遅くなる。セネガルのオーヴァーシュート・デーは12月23日までやってこない。カンボジアがオーヴァーシュート・デーはその前日だ。

英国のオーヴァーシュート・デーは4月30日、中国は5月14日、米国は7月14日だ。これは、シンガポールのような国が悪くて、セネガルのような国がいいという意味ではない。すべての国が資源を賢く使うことで、地球全体のバランスが取れるようになるということを示しているのである。

関連記事「90億人の食」をどう生み出すか:米環境科学者、ジョナサン・フォーリーによる5つの提言

TAG

BioCapacityEarthOvershootDayEcologicalFootprintVideoWIRED UK