■8月特集 リオ五輪まで1年、メダル候補の現在地(8)

 2012年のロンドン五輪・個人総合王者で、世界選手権は2009年のロンドン大会から2014年の南寧(なんねい)大会まで個人総合5連覇中の内村航平(コナミ)。男子体操の世界で、彼の存在が絶対的なのは疑いようのない事実だ。ただ、「体操王国ニッポン」の悲願は、2004年アテネ五輪以来となる「団体金メダル」に他ならない。エースの内村もその思いは強く、事あるごとに「団体での金メダル獲得」と発してきた。

 リオデジャネイロ五輪でその悲願を達成するために、内村を頼りにする面は仕方ないだろう。重要となるのは、内村以外の日本人選手の成長度だ。リオ五輪まで残り1年となった今、日本男子体操のレベルはどこまで引き上げられているのか。今年4月、全日本選手権で8連覇を達成した内村とともに目を引いたのは、2014年の世界選手権の個人総合・銅メダリスト、田中佑典(コナミ)の安定感を増した姿だった。

「昨年の世界選手権で3位に入ったことで、W杯シリーズにも出場させてもらって経験を積めました。今、僕が目標にしているのは団体での世界一。その代表メンバーに入るためのひとつとの方法として、個人総合の力を高めるのがいいと思いました」

 大会前の記者会見でこう話していたように、田中は試合の2日間を通して安定した演技を見せ、全日本選手権で2位につけた。さらに、今年10月にイギリス・グラスゴーで行なわれる世界選手権の第2次選考会となった5月のNHK杯でも、6種目中4種目で15点台を叩き出して内村に次ぐ90・275点をマーク。全日本選手権との合計でも2位になり、世界選手権の代表メンバー入りを決めた。

 その田中に加え、2013年の世界選手権・個人総合2位だった加藤凌平(順天堂大)も、さらなる成長を見せている。冬場はケガで十分な練習を積めていなかったものの、難度を抑えた構成で確実な演技を披露。全日本・NHK杯ともに3位となって、代表メンバー入りを果たした。

 内村、田中、加藤――。この3人が日本代表チームの核となって挑む今年の世界選手権でのライバルは、昨年0・1点差で日本から優勝を奪った中国だ。団体で頂点を掴むためには、種目別でのスペシャリストも必要となる。それを決める最終選考会となったのが、今年6月の全日本種目別選手権だ。

 ゆかと跳馬は2013年の世界選手権から出場している白井健三(日体大)が予想どおりに代表入りし、鉄棒は15・400点を出した長谷川智将(日体大)が選出。あん馬は2013年の世界選手権・種目別王者だった亀山耕平(徳州会)を抑え、15・650点で優勝した大学1年の萱和磨(かや・かずま/順天堂大)が加わった。

「長谷川も萱も、どちらかというとオールラウンダータイプの選手」と、日本男子チームを率いる水鳥寿思監督は言う。なかでも萱は白井と同学年で、高校3年のときは高校選抜と全日本ジュニアの個人総合で優勝している選手だ。

 来年のリオ五輪から、団体メンバーの出場人数枠は1ヶ国5人になった。6人だったこれまでと比べると、スペシャリストの起用は制限されることになる。19歳の萱が頭角を現してきたのは、リオ五輪での戦いを考えれば嬉しすぎるような状況でもあるのだ。

 萱を指導する順天堂大の冨田洋之コーチは、「彼は本当に体操が大好きで、練習も最後の最後までやっている。その裏づけがあるから、大舞台でも力を出せたのだと思う」と、代表入りを果たせた要因を語った。さらに、「オールラウンダーとしても上位に入っていける力を持っているが、それにプラスして武器になる種目を持っているのが彼の強み」と評価している。

 一方、萱本人も、「自分は負けず嫌いなので、人に負けるのも、自分に負けるのも嫌。自分が決めたことは絶対にやりたい。それで練習量が増えて、いい方向に行っていると思う」と話す。あん馬で代表チームに入ったが、個人総合を狙うという気持ちも変わらない。「ゆかで内村さんに技術のアドバイスをしてもらい、それをやったらいい感じになった。代表選手は自分が持っていないものを持っている人が多いので、それを吸収しながら自分のいいところも人に伝えていきたい」と、初の代表入りを楽しんでいるようだ。

 そんな若手の力が試されたのが、7月31日から広島で開催されたアジア選手権だろう。エースの内村が種目別選手権で肩を痛めたため、大事をとって出場を取りやめた大会だったからだ。水鳥監督は、「各自がDスコア(※)を上げたりして、自分が世界選手権でやりたいと思うものを試してみる大会」と位置づけた。そして選手たちも全員が、「内村さんがいないからといって、負けるわけにはいかない」と高い意識を持って臨んだ。

※Dスコア=技の難度を得点化したもの。個々の技の難しさに応じて得点が加算されていく。

 アジア選手権は、団体戦と個人総合を兼ねる試合形式。5人が演技をして、そのうち上位3人の得点を採用する団体戦では、跳馬だけ白井の失敗で韓国と中国に次ぐ3位となったが、他の5種目はすべて1位で圧勝した。

 一方、個人総合では、「身体の調子も良くなってきたので、あん馬と吊り輪、鉄棒でDスコアを上げてみたい。個人総合としては、Dスコアの合計で38・9点くらいにしてやりたい」と大会前に話していた加藤が、ゆかの16・000点を筆頭に、鉄棒でも15・750点を出すなど、合計90・850点をマークして優勝。さらに、「代表メンバーの顔ぶれを見ると、世界選手権では吊り輪にも出なければいけないと思うので、その強化をしている」と話していた田中が、合計90・600点で2位となった。また、個人総合の順位はつかなかったが(順位がつくのは各国上位2名まで)、萱も90・100点を出して彼らに続いた。

 そして種目別決勝でも、ゆかでは白井が16・450点で優勝し、内村の代役の早坂尚人(順天堂大)が2位。あん馬では萱が15・600点で優勝し、平行棒でも15・275点を出して日本人最高の3位に食い込んだ。さらに鉄棒では、田中が15・550点で優勝という結果を残している。

 リオ五輪まで残り1年――。冒頭で田中が述べたように、団体で金メダルを獲得するためには、個々の総合力を高めることが悲願達成のカギとなる。アジア選手権の個人総合で3人が出した得点は、昨年の世界選手権と比較すれば、加藤と田中は内村に次ぐ2位に相当し、萱も5位になる得点だった。各選手の総合力の高さを武器にする日本が今年10月の世界選手権で団体優勝を果たせば、ライバルたちに強烈なプレッシャーを与えることになるだろう。今、日本チームの現在地は、金メダルに極めて近い位置まで迫っている。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi