本格的なオーブン調理を簡単に楽しめる!

写真拡大

象印マホービンは、予熱の手間がなく本格オーブン調理ができ、ノンフライ調理や手づくりパンも楽しめる「マルチコンベクションオーブン ET‐YA30型」を、2015年9月1日に発売する。

温度の立ち上がりの早い石英管ヒーターを庫内に5本、庫外に2本の合計7本を使用して、これらを使い分けることで従来の予熱の手間をなくした。まず、予熱工程では庫内の5本のグリルヒーターで素早く庫内を温め、その後に庫外の2本のコンベクションヒーターに自動で切り替える。

焼き上げの工程ではヒーターの熱をファンで循環させて、具材の中までムラを抑えてしっかり火を通すので、スタートすれば焼きあがりを待つだけで、手軽に本格オーブン調理を楽しめる。コンベクションオーブンの庫外にヒーターを設置しているのは、同社だけ。

そのほか、食材にもともと含まれている脂でヘルシーに揚げるノンフライ調理はもちろん、温度管理がむずかしいといわれるパン生地の発酵には専用コースを搭載。専用コースを使えば、一次発酵・二次発酵に適した環境(30度、40度の選択式)に設定できて、簡単につくることができる。トーストも計算されたヒーター配置で表面はカリッと、中はふわっと焼くことができるので、トースターとしても気軽に使える。4枚同時に焼きあげる。

「マイコン自動調理12コース」で、「トースト」や「冷凍トースト」「フライあたため」「ローストビーフ」「ローストチキン」「ノンフライ唐揚げ」「ノンフライとんかつ」などのコースを選ぶだけで、自動で調理できる。

オーブン調理時の庫内への油の飛び散りを防ぐ「油飛び散り防止カバー」を採用。カバーは丸洗いでき、いつでも清潔に使える。また、調理中のニオイを抑える「プラチナ触媒ユニット」や、調理後にファンを回して庫内を脱臭する「脱臭コース」など、お手入れにもこだわった。

色は、プライムシルバー。

オープン価格。