9月12日に第2回モデ1GP開催決定、3Dモデリングを習って、3Dプリンタで出力して、みんなで遊ぼう!

写真拡大

来月、9月12日に第2回「モデ1GP」の開催が決定しました。初めて3Dプリンタに触る初心者の人、親子で3Dモデリングを楽しみたい人などぜひご参加下さい。「モデ1GP」とは「3Dプリンタを使ってアイデアを形にしたいけど3Dデータが作れない」 「3Dデータを出力してみたけど、サンプルを出力した後、あまり使っていない」などの悩みを解決すべく、(1)簡単なモデリングデータをCADソフトでデータを作って、(2)実際に現場で3Dプリンタで出力し、(3)みんなで遊ぶ、というところまでを1つのイベントにまとめたものです。もっとモノづくりを楽しく、もっと作ったモノで楽しみたい、そんな人はぜひご参加ください。※2部構成での開催で、それぞれ先着20人(初心者向けの第1部先着20人、競技会から参加者向けの第2部先着20人)限定です。規定のサイズ「3.0cm x 1.5cm x 1.5cm」に収まる小さなミニカーを参加者自らがデザインします。デザインしたミニカーはその場で3Dプリンタで出力して、ボールペンで弾いて飛距離を競うというイベントです。主催はアイティメディアの3Dモデラボ、Engadget電子工作部から産まれたモノづくりマッチングサービスのプレクラ、そして本誌Engadget。協力企業は、パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチシリーズ」でおなじみのXYZプリンティングジャパンです。イベントは前回同様、2部構成での開催となります。

【第1部】のワークショップでは「初心者向け講習」として、

モデ1GP公式サイズ「3.0cm x 1.5cm x 1.5cm」(以内)の小さなクルマ

を無償3D CAD 「Autodesk 123D Design」でデザインし、実際にパーソナル3Dプリンタで出力します。「3Dプリンタに興味はあるけど、3Dデータを作れない」「3D CADって難しそう」と感じている初心者の皆さん、ぜひ【第1部】からご参加ください!既に3Dプリンタを使いこなしている方、3Dモデリングが得意な方は、モデ1GP公式サイズ「3.0cm x 1.5cm x 1.5cm」以内のクルマ(出力済みのもの)を持参し、【第2部】からご参加ください!なお参加希望者で、3D CAD初心者は3Dモデラボの記事が参考になります。事前に予習しておくと当日スムーズに講習が進められると思いますよ。

開催概要

開催日時:9/12(土)10:00〜19:00場所:アーツ千代田 3331 地下1階 B104人数:最大40人(第1部 20人 + 第2部からの途中参加 20人まで)対象者:3D CADを始めたいと思っている人、3Dプリンタで出力してみたい人(親子での参加も可)※ 小学生以下のお子さまが参加される場合、親は補助/観戦しながら参加できます

【第1部】講師:志田穣 氏連載「3DCAD&3Dプリンタで機構を作る」(MONOist掲載)

募集人数: 最大20人(先着)参加条件(1): 「Autodesk 123D Design」をインストールしたノートPCを持参できる人参加条件(2): 当日、デザインしたクルマの3Dデータを「3Dモデラボ」に投稿してくれる人参加費: 1000円 (第2部参加費を含む)​※ ホイール付きマウスがあると作業がはかどります

【第2部】

募集人数: 最大20人(+第1部からの参加者最大20、先着)参加条件(1): 3Dプリンタで出力したモデ1GP公式サイズ「3.0cm x 1.5cm x 1.5cm」以内のスーパーカー(クルマ)を持参できる人参加条件(2):当日持参するクルマの3Dデータを事前に「3Dモデラボ」に投稿済みの人参加費: 500円プログラム:2部構成です。【第1部】に参加した方は引き続き【第2部】にも参加できます。

注:タイムテーブルは変更になる可能性があります

走行車両条件

サイズ: 3.0cm × 1.5cm × 1.5cm 以内タイヤ数: 4本 (タイヤ4本で接地していること)ボディ: 底部が地面に触れていないこと(タイヤは可)

優勝者には商品も!

今回もなんと、パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチシリーズ」でおなじみのXYZプリンティングジャパンから豪華商品が贈呈されます!3Dプリンタ ダヴィンチ 1.0Aコーティングキット

前回の様子

主催協力