薄くスライスしたタマネギをお酢に漬け込んだ「酢タマネギ」がダイエットに効果的と話題です。確かに「タマネギ」も「お酢」も体にいい栄養素がいっぱい。これでダイエットもできるのなら言うことなしですよね。ここでは自宅で簡単にできる「酢タマネギ」の効果・効能をご紹介します。

タマネギに含まれる栄養素・お酢に含まれる栄養素

タマネギには疲労回復効果があることが知られていますが、その元になる栄養素は硫化アリルです。硫化アリルはタマネギを切った後、しばらく置いておくとアリシンをいう成分に変わりますが、アリシンには疲労回復を助けるビタミンB1の吸収を高める効果があるのです。一方、お酢には酢酸が豊富に含まれています。酢酸は体内でクエン酸に変わり、脂質や糖質を代謝してエネルギーを産み出しますが、同時に疲労物質の乳酸を分解するので疲労回復に役立ちます。

「酢タマネギ」がダイエットにいいのはどうして?

タマネギの硫化アリルが吸収を高めるビタミンB1は、糖質の代謝を促進する栄養素です。またお酢の酢酸が変化してできるクエン酸が代謝を促すのは、糖質や脂質です。タマネギとお酢の2つを使った酢タマネギは、糖や脂肪の消費を促進する相乗効果があるのです。タマネギにはポリフェノールの一種であるケンフェロールも含まれていますが、ケンフェロールの働きは、細胞のなかのミトコンドリアを活性化させること。ミトコンドリアは、酸素を使って糖や脂肪を燃焼させるので、ダイエットに効果的なのです。

さらに腸内環境を整える効果もある「酢タマネギ」

さらに、タマネギに含まれるフラクトオリゴ糖の働きも見逃せません。フラクトオリゴ糖は、腸の中にいるビフィズス菌や乳酸菌などのエサになることで、善玉菌を増やし腸内環境を整える働きがあります。さらにタマネギには食物繊維もたくさん含まれているので、便秘解消に効果的なのです。便秘を解消し、体内の不要なものをどんどん外へ出していけば、もちろんダイエットに効果があるのは言うまでもありません。

「酢タマネギ」は簡単に作れる

酢タマネギの作り方は、とても簡単で、タマネギ2個を2mm程度の薄さにスライスして、200ml位の酢を加えるだけです。お好みで大さじ1杯程度のハチミツを加えてもOK。密閉できる容器で5日ほど置けばでき上がりです。そのまま食べても美味しいですが、スープの具材として使ったり、細かく刻んでドレッシングに加えても、使い方はアイデア次第。タマネギをスライスしたらすぐにお酢に漬けず、30分ほど置いておくと硫化アリルが安定して失われにくくなります。


writer:岩田かほり