寿司屋がカレーに本気

写真拡大

回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営するくらコーポレーションは2015年7月31日、「すしやのシャリカレー」を発売した。

一般的には寿司ネタと一緒に楽しむ酢飯「シャリ」。このシャリを何とカレーライスにしてしまった。斬新すぎる組み合わせと、俳優の北大路欣也さんを起用したテレビCMでも大きな話題になり、チャレンジする人が続出しているようだ。

他のメニューをトッピングに

開発期間は約2年、100種以上の試作を経てたどり着いたカレールーは、26種のスパイスと玉ねぎ、りんごなどの13種の野菜・果物を使用したもの。シャリの甘みと酸味に特製中辛のカレーを組み合わせることで、深みとコクがありながら、さっぱりした後味が楽しめる商品に仕上げた。

シャリをカレールーで食べる...ちょっと想像がつかない味だが、名優の北大路欣也さんがシャリカレーを食べて「何だこれは...!」と驚くテレビCMのミスマッチさが「面白い」と評価されたこともあり、興味本位で食べてみた人が続出しているようだ。

ツイッターでは、やはり「自分には合わなかった」という人も多いのだが、

「か...かなりうまいじゃないか シャリカレー...正直メチャクチャ驚いた」
「御飯はマジで酢飯、ルーはスパイスが効いててピリ辛。確かに意外とありだわ」
「寿司屋でカレー?酢飯に?って疑心暗鬼で食べてみてビックリ!はっきり言って美味いです、コレは!酢飯の甘味と酸味と辛口でコクのあるカレーが調和して後引きます 〆にどうぞ」

と、意外にも「ウマい!」「アリ!」という声も少なくない。

具が溶けきったルーということで、他のメニューを注文し具にして食べてみた報告も。

「私はトンカツ握り(店員さんに口頭注文でマヨ抜き)×2、うまだれ牛カルビ×1を勝手にトッピング」
「シャリカレーにはトッピングとして ちびころチキンを乗せるのも美味しい」

など、自己流の「シャリカレー」を作る楽しみもありそうだ。

ただ「結構辛い!」という評価も多く、辛いものが苦手な人は注意が必要かも。

価格は378円。