価格と価値は全く別もの。株投資にバーゲンセールの感覚を持ち込むのは大損の元
 こんにちは。独立系ヘッジファンドのファンドマネージャー・絵馬です。

 夏といえば海ですね。海にいくと水着のギャルがたくさんいます。ギャル達は丸井とかパルコとかで水着を買うのでしょうかね。百貨店では夏になるとサマーセールを開催します。サマーセールでは30%や40%、中には80%オフなんてのもあります。

 一見お買い得に見えるセールですが、そういったセール品を買うことは果たして本当にお得なのでしょうか。

 あなたは50%オフのサマーセールで1万円を払ってワンピースを買うとします。このワンピースは元々2万円だとのことです。

「元々2万円で、それをサマーセールで1万円で買ったから、1万円得しちゃった。いえーい。1万円分得したからマツエクでもいこうかな。私のまつ毛、天まで伸びろ〜。」

 元々2万円のものを50%オフの1万円で買ったから1万円得した。その考えは正しくありません。

 なぜなら2万円というのは価値ではないからです。

「価格(Price)とは支払うもの、価値(Value)とは得るもの」(ウォーレン・バフェット)

 このときあなたが支払う価格(Price)は1万円で、得たものはワンピース(Value)です。この買い物がお得か否かを判断するのは、手に入れたワンピースが1万円以上の価値がある場合に限ります。

 どういうことでしょうか。ここでワンピースの価値を分析してみましょう。

 ワンピースに内在される価値は、布の素材価値、製造価値、デザイン価値、ブランド価値、これを着ることによってモテ度が上がる価値、こんなところでしょうか。

布の素材価値:1,500円
製造価値:500円
デザイン価値:0〜5,000円(??)
ブランド価値:0〜5,000円(??)
モテ度が上がる価値:0円

◆良い買い物か悪い買い物かに元値は関係ない

 適当に算出しましたが、要するにモノとしての原材料や製造コストの価値は2,000円程度で、デザインやブランドなど無形の価値が0〜10,000円程度と想定されるということです。

 デザインやブランド価値の合計が1万円であるとすれば価値は1万2千円であり、1万円の支払いに対して2000円お得であるため、良い買い物であるといえます。

 デザインやブランド価値が存在しないとすれば価値は2,000円であり、1万円の支払いに対して8000円の損失であるといえます。

 何が言いたいかというと、価値(Value)というのはセール前の2万円のことではなく、支払って得たワンピースそのものが価値であるということです。その価値がいくらかということを考えて良い買い物か悪い買い物かを評価するものであって、元値の2万円はもはや関係ないということです。

 買い物でも投資でも「価格(Price)<価値(Value)」という状況であることを確認した上で意思決定をすることが大事です。

 ちなみにこのワンピースを着てモテ度が上がる価値は0円です。なぜならかわいい服を着たらモテ度が上がるというほど世の中は甘いものではないからです。アクセサリーとかもあんまり意味ないです。

 よくある女性の勘違いですが、男を興奮させようとしてガーターベルトとかいわゆるセクシーな下着を着ていると男の興奮度は激減します。気まずい空気になること間違いなしです。

◆株式投資における、PriceとValueとは何か

 投資で成功するためには価格(Price)は価値(Value)よりも常に低いことが必要となります。

 価格(Price)<価値(Value)の大原則を必ず守りましょう。

 Priceは明らかです。株価を見ればわかります。時価総額を求めたければ株価×株数を計算すれば算出されます。(そもそも算出しなくてもどこかに計算結果が書いてあります。)

 ところがValueに関しては簡単にはわかりません。どこにも書いてないので自ら計算する必要があります。明らかに誤ったValueの考え方は過去の株価推移から考えることです。これはサマーセールで元値より割安だから良い買い物をしたと考えることと同じように間違っています。