花粉やハウスダストを強力に吸引(写真は、「F‐VXL90」左が木目調、右はホワイト)

写真拡大

パナソニックは、新しい形状のメガキャッチフォルムと「花粉撃退モード」によって、床上30センチメートルに滞留する花粉やハウスダストを強力に吸引。花粉の吸引スピードを従来機種の約2倍にアップした加湿空気清浄機「F‐VXL90」「F‐VXL70」「F‐VXL55」の3機種を、2015年9月15日に発売する。

「花粉撃退モード」搭載

強力な下吸込みを可能にしたメガキャッチフォルムは、空気の流れをつくりやすい曲線形状と大きく開口する下部吸い込み口を採用。床上30センチメートル付近に溜まりがちな花粉やハウスダストなどを強力に吸引する。

花粉の吸引に効果的な気流と風量で運転する「花粉撃退モード」は、ルーバーから前方30度に吹き出す風で花粉に特化した新気流(花粉撃退 気流)をつくりだし、風量も高めることで大きく開口した吸い込み口から花粉を強力に吸引する。これにより、従来機種の約2倍(「F‐VXL55」は約1.5倍)の花粉吸引スピードを実現した。

加えて、センサーの感度を高めるとともに1時間に1回、風量を強めた運転を5分間行い、花粉などを見つけやすくした。汚れに応じて自動で気流をコントロールする。

さらに、「F‐VXL90」「F‐VXL70」には業界初の約0.3μmの微細な粒子まで検知する「高感度ハウスダストセンサー」を搭載。検知した汚れの種類(「花粉/ハウスダスト」「PM2.5」「ニオイ」)をランプで表示する。「PM2.5解析プログラム」の判定精度も向上した。

色は、「F‐VXL90」が木目調とホワイト。「F‐VXL70」「F‐VXL55」はホワイトとブラウン。

いずれも、オープン価格。