Doctors Me(ドクターズミー)- 太る原因は遺伝子にある!?手軽にできる「肥満遺伝子」チェック

写真拡大

ダイエットをしてもなかなか体重が落ちない…。それはもしかすると、遺伝子が関わっているのかもしれません。「肥満と遺伝子が関係する」という説は、本当なのでしょうか?
今回は、遺伝子と肥満の関係について医師に伺いました。

“肥満”に関係する3つの遺伝子

「遺伝子」は人間のさまざまな情報を伝え、体を構成するものです。
日本人の肥満に関係する遺伝子として、β-3アドレナリン受容体遺伝子、脱共役タンパク質1遺伝子、β-2アドレナリン受容体遺伝子が知られています。これらの遺伝子の構成によって、食べたものの代謝のしやすさが変わることが分かっています。

では、これらの遺伝子の役割を一つひとつ見ていきましょう。

代謝にかかわる遺伝子

「β-3アドレナリン受容体」は、脂肪組織にあります。この遺伝子に変異があると、脂肪が燃えにくくなり、代謝が悪くなるとされています。
代謝が低いために、同じ食事でも変異がない人と比べると太りやすかったり、食事量が増えると太りやすかったりします。そのため、痩せるためにはカロリーを抑え、運動をして脂肪を燃やすことが必要になります。

熱の産生にかかわる遺伝子

「脱共役タンパク質」は、体のなかの熱の産生に関わっています。また、褐色脂肪組織という、脂肪をエネルギーとして燃やし、使う部分の熱産生にも関わっています。この遺伝子に変異があると、熱のつくられる量が減るので、消費カロリーが少なくなってしまいます。

エネルギー消費にかかわる遺伝子

「β-2アドレナリン受容体遺伝子」に変異があると、筋肉の材料となるたんぱく質をうまく利用できないため、筋肉がつきにくく、逆に基礎代謝はよく、食べても太りにくいといえます。
この遺伝子の違いによって、ダイエットの効果に違いはなかったという研究報告もありますが、自分の体質を知るという点では有効です。

医師からのアドバイス

肥満や太りやすさにつながる自分の遺伝子タイプを手軽に調べられる「肥満遺伝子キット」という検査があります。ほとんどが頬の内側を綿棒などでこすって分析するもので、価格は1万円ほどです。この方法で自分の体質を知って、ダイエットにつなげてみてはいかがですか?