写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝は8月17日、生体情報センサー「Silmee(シルミー)」シリーズの新モデルとして、リストバンド型の「Silmee W20」と「Silmee W21」を発表した。予約受付の開始はSilmee W20が8月17日、Silmee W21が9月下旬。出荷はSilmee W20が9月下旬、Silmee W21が11月初旬の予定だ。税込価格はSilmee W20が24,000円前後、Silmee W21が28,000円前後だ。

Silmee W20とSilmee W21は、歩数や移動距離、消費カロリーなどの活動量だけでなく、会話量の測定、食事時間の検出、脈拍測定、紫外線量測定、皮膚温度測定といった機能を持つリストバンド型の生体センサー。このほか、Silmee W21はGPSを搭載し、ユーザーの位置情報も確認できる。Silmee W20とSilmee W21で測定したデータは、Bluetooth Smart経由でスマートフォンなどへ転送可能だ。

本体のボタンを長押しすることで、事前に登録した連絡先へSOSメールを送れる機能を搭載。東芝は、独居の高齢者、女性や子どもの防犯対策に役立つとしている。そのほか、就寝・起床を自動検出する機能を持つ。起きたい時間にアラームを設定すると、目覚めやすい時刻に振動で知らせてくれる。

本体サイズと重量は、Silmee W20がW20.5×D12.5×H65mm/29.5g、Silmee W21がW25.5×D12.5×H65mm/38g。USBポートから充電し、連続で約14日間の使用が可能だ。