「ミニオンズ」興収が前作越え、公開から16日間で30億円を突破。

写真拡大

7月31日から全国330館で公開され、2015年に公開されたハリウッドアニメ作品の中でNo,1のスタートとなった映画「ミニオンズ」。公開から16日間(7月31日〜8月16日)で興行収入は30億円、観客動員は250万人を突破し、前作「怪盗グルーのミニオン危機一発」(最終興収25億円)越えを達成した。

夏休みということもあり、劇場には連日親子連れから学生のグループ、カップルが詰めかけ、前週比100%以上の日が続いている。まだまだ続く夏休み、このペースで推移すると、興収50億円の大台突破も視野に入ってきた。

本作は全米の初日興行収入がアニメ作品歴代1位という記録を打ち出し、現在までに世界興行収入9億5,746万9000ドルを突破。世界中で“ミニオン旋風”が吹き荒れている。

ミニオンたちが縦横無尽にスクリーンを飛び出す、ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・スタジオが贈るアトラクション感抜群の3Dと、とにかく可愛いミニオンたちに、多くの観客が魅了されているようだ。