「ジュラシック」が40億円突破、MX4Dや4DXは“全席完売状態”続く。

写真拡大

シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド」が、日本公開2週目となる8月15日(土)、16日(日)の週末2日間の興行成績が9億4,138万円と、前週の8億4,512万円から大幅に興収を伸ばし(前週比111.6%)、公開12日間で累計興行収入43億6,594万円を記録した。

勢いを落とすことなく“ジュラシック・フィーバー”が各地を席巻しているが、この週末2日間の観客動員数も61万1,308人と絶好調。お盆シーズンの波に乗り、都内の劇場だけでなく、日本全国の劇場で満席の状況が続いた。

そして、週末14日(金)〜16日(日)の3日間だけで90万人以上の観客が劇場に来場し、累計観客動員数は295万人(295万5,329人)を記録。ついに観客動員数300万人突破も目前に迫った。

“ジュラシック世代”といった30代〜40代だけでなく、過去の作品を知らない家族連れや、若いカップルなども劇場に足を運んでいる中、すでに2回、3回と鑑賞している観客も多い。本作は2D、3D、IMAX、MX4D、4DXに加え、日本語字幕版、日本語吹替え版と上映形態が多く、映画を一緒に観る人や環境によって自分に合った上映形態が選べるのも大きな魅力。

中でもアトラクションさながらに映画を体験できるMX4Dや4DXを選んで鑑賞する観客が目立ち、各劇場でも7日に公開がスタートしてから、未だに2日先まで“全席完売状態”が続いている。

また、実際に体験した観客からの評判はとても良く、ネットでも「恐竜の足音と合わせた振動に息が止まりそうだった」「本当にジュラシック・ワールドに行ってきたみたいだった!」「恐竜に追われる恐怖を体験!現実では遠慮したい(笑)」など、今までにない“リアル”な映画体験が出来ることで満足度がさらに上がっているようだ。