夏の暑さに耐えたお肌はくすんでしまいがちです。紫外線が原因のくすみもありますが、それだけではありません。お肌が何となく冴えないと思ったらその原因を知って適切に対処しましょう。くすみをオフするだけでも透明感が溢れ美女度がアップしますよ!

アナタのお肌のくすみの原因はどれ?

お肌がくすんでしまう原因はいろいろです。まずは何が原因でお肌がくすんでしまっているのかをチェックしましょう。くすみの原因によって、お手入れの方法は異なります。

日焼けによる「メラニンくすみ」が多い

陽射しが強い夏は肌を防御するためにメラニンが大量に作られます。そのメラニンの排出が上手くいかないとメラニンくすみの原因に。ビタミンC誘導体やプラセンタなど、美白成分がたっぷり入った化粧品を使ってケアするのが効果的です。ビタミンB1には、傷ついた細胞を修復する働きがあるので、ビタミンB1を摂取すれば、紫外線によるくすみを内側からケアすることができます。

肌の汚れはくすみの最大の原因に

古い角質が溜まってしまうのもくすみの原因です。特に夏は日焼け止めやファンデーションの厚塗りで汚れが溜まりがち。ピーリング効果のある化粧品を使用して、余分な角質を取り除くことでくすみは解消します。お肌のターンオーバーを促すことが大切なので、新陳代謝を高める効果のあるビタミンB群の食品やサプリメントを意識的に摂取するのも効果的です。

乾燥によるくすみには保湿をしっかり

お肌が乾燥してしまうとカサカサくすみの原因に。乾燥は冬のものと思われがちですが、夏の陽射しで傷んだお肌もうるおい成分が不足して乾燥してしまいます。セラミドやコラーゲンなどのうるおい成分をたっぷり含んだ化粧品でケアしましょう。シートマスクをするだけでもお肌のトーンがワントーン明るくなりませんか?そんなあなたは確実に乾燥でくすんでいます。お肌の潤いと弾力の元であるコラーゲン生成のためにアミノ酸とビタミンCを一緒に摂るのも効果的です。

青っぽいくすみは血行不良が原因

血行不良が原因のくすみは顔が青白く見えるのが特徴です。マッサージ用のオイルやクリームを使って、優しくマッサージを繰り返しましょう。バスタブでゆっくりフェイスマッサージを行えば、それだけで心も満たされます。もちろん、血行を促進させるために体を冷やさない、運動をするといった血行を良くする習慣も大切ですが、血行を促進するビタミンEなどの栄養素を意識して摂るようにしましょう。


writer:岩田かほり