シェイクスピアの『真夏の夜の夢』ならぬ、ラグビー日本代表への手厳しい『真夏の夜のレッスン』だった。
 
 15日の秩父宮ラグビー場。ワールドカップ(W杯)イングランド大会(9月18日開幕)に挑む日本代表は、世界のトップクラスの選手を集めた世界選抜に20−45で敗れた。試合終了後のバックスタンド前、あたたかい観客の拍手が夜風に乗る中、ジャパンの選手たちは並んで深々と頭を下げた。

 小柄な体を張り続けた闘志の塊、スクラムハーフの田中史朗(パナソニック)はそのとき、こう思ったという。

「ただ申し訳ないと......。日本の勝利を望んで応援していただいたのに、負けてしまったんですから。結果がすべて。まだ自分たちの力が足りないんです」
 
 名将エディー・ジョーンズヘッドコーチの指導のもと、日本代表は確実に地力がついてきた。ストレングス、フィジカル、フィットネス......。特にスクラム、ラインアウトは安定し、「ジャパン・ウェイ(日本流)」なる戦い方も選手たちに浸透している。密集からいいタイミングでボールが出れば、トライが取れるようになってきた。

 前半13分、田中がこぼれ球を拾って前進し、ラックから左に回し、フッカー堀江翔太(パナソニック)がゴロキックを蹴り込んで、ウイング福岡堅樹(筑波大)がタックルから相手ボールをターンオーバー(奪取)した。素早く球を出し、右に大きくつないで、最後はウイングのカーン・ヘスケス(宗像サニックス)が右隅に飛び込んだ。

「いいコミュニケーションが取れていた」と田中は振り返る。

「ひとりひとりが判断して、しっかりスペースに走り込んで、チームとして取れたトライだった。(スタンドオフとの連係も)すごくやりやすかった。練習でもミーティングでも互いに言っているので、コミュニケーションはレベルアップしているのかと思います」

 現在のラグビーの試合展開において、特にブレイクダウン(タックル後のボール処理)が重要である。生命線と言ってもよい。大事なことは個々のフィジカルと、ボールを持っている選手の体の使い方、2人目3人目の寄り、さらには密集に入る、入らないの個々の判断である。

「ミスが多かった部分とブレイクダウンが課題。フィジカルの部分では、全員が体を張って、日本のためにという思いをしっかり体現できたと思います。ただ、ブレイクダウンでボールを取られたり、絡まれたりすることが多かった。(1人目、2人目の)仕事の質が少し低かったような気がします」
 
 W杯初戦の南アフリカ戦を想定したこの日の相手は、ニュージーランドや豪州、南アフリカなど南半球出身の選手で編成されていた。フランカー陣は腕力があって、確かにボールに絡むのがうまかった。だが、南アはもっともっとフィジカルが強くて、しかも束になってかかってくる。大丈夫か。

「でも」と田中はどこまでも前向きだ。「もうちょっと南アフリカはまっすぐ来てくれるので、戦術的にはラクかなと思う。フィジカル的に強いのなら、1人でダメなら、2人でかかっていけばいいんです」
 
 収穫もあった。ディフェンスである。チームとしてのシステムをベースとし、田中は「ひとりひとりの判断もできている」と自信を深める。単純なタックルミスでトライを許したが、インサイドブレイク(防御の内側を縦に抜かれること)はなかった。そこに成長の跡が見てとれる。
 
 日本は前回のW杯ニュージーランド大会では1分け3敗に終わった。ラグビー人気も下降線をたどる。その屈辱を糧とし、田中や堀江、主将のリーチ マイケル(東芝)らが南半球のスーパーラグビーに挑戦した。

 その結果、ジャパンは強くなった。が、先のパシフィック・ネーションズ杯は1勝3敗で、6チーム中4位に終わった。大会中の練習で、勝利への執着のばらつきに危機感をおぼえた田中はチームメイトにも厳しい檄を飛ばしたそうだ。
 
 それだけ、前回W杯経験者の田中は必死なのである。この4年間のハードワークはすべてW杯イングランド大会のためである。

「しっかりと結果を残さないと大会後にどうなるかは前回W杯でわかっている。結果を出して、日本のラグビー人気を盛り上げていきたいな、と思います」
 
 記者の汗のにおいと熱気が立ち込めるミックスゾーン。田中は額の汗を右手の甲でぬぐい、ささやく調子で続けた。「本当に100%、日本のためにという思いを持っているか。もっともっと継続してレベルアップしていきたい」

 真夏の夜。30歳のキーマンの夢は日本ラグビー人気の復活、そのためのW杯ベスト8進出である。

松瀬 学●文 text by Matsus