「グアムインターナショナルマラソン」過去大会の様子

写真拡大 (全3枚)

 2016年4月10日に、グアム島で開催される「グアムインターナショナルマラソン 2016」の開催概要が決定し、7月6日より、第1次エントリーが開始されている。

 同イベントは、グアムで初となる本格的なIAAF公認マラソンレースとして、2013年から開催されているマラソン大会。エントリー種目は、5km、10kmハーフマラソン、フルマラソン(制限時間は7時間)で、2015年大会は、日本から約900名のランナーが参加しているという。

 また、2015年大会に引き続き、シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子氏が、2016年大会のアンバサダーに就任。

 高橋氏は、「グアムインターナショナルマラソン 2016も、大会アンバサダーに就任させていただき、大変光栄に思っております。前回大会では、多くのランナーの方たちと触れ合うことができ、私もたくさんの元気をもらうことができました。グアムインターナショナルマラソンは、フレンドリーなグアムの人々や多くのボランティアに支えられた素晴らしい大会です。また、満天の星、美しい朝日、真っ青な海という、美しい自然を一度に楽しむことができるマラソンは、グアムインターナショナルマラソンならではの魅力です。来年もコース上やゴール地点で皆様を精一杯応援したいと思います。皆様にグアムでお会いできますことを楽しみにしています」とコメントしている。

 参加申込みは、大会の公式サイト、または旅行代理店(公認ツアー設定会社)で受付ており、第1次エントリーの申込み期間は、7月6日〜10月31日まで。参加登録費用は、フルマラソン(42.195km)9,000円、ハーフマラソン(21.0975km)7,000円、5kmと10kmランは4,000円とのこと。

 なお、第2次エントリー期間は11月1日〜2016年1月31日、第3次エントリー期間は2016年2月1日〜3月21日で、エントリー時期(第1次・第2次・第3次)によって、参加登録費用がそれぞれ異なる。