2015年8月17日、中国電子情報産業発展研究院が、2015年上半期のインターネット家電販売市場分析報告を発表した。

 報告によると、中国2015年上半期(1月―6月)の、B2C(Business to Customer)家電販売総額は、2014年同期と比較して64%の大幅増加を示し、1361億元(約2兆6470億円)に達した。

 家電分類別に見た販売額は、モバイル商品が750億元、テレビが151億元、エアコン95億元、冷蔵庫64億元、洗濯機49億元、その他小型家電が252億元となっている。

 中国市場における家電消費は弱くなっているが、インターネット販売のみは増加傾向にあり、家電販売額にインターネット販売額が占める割合は上昇し続けている。

(Cihna Press 2015:IT)

%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88.jpg