汗の臭いが気になる夏。制汗剤を使ってケアしている人は要注意! 使いかたによっては嫌な臭いになることもあるのです。制汗剤の正しい使用法についての知識を持っておきましょう。

制汗剤は体臭の程度別に選ぼう

制汗剤は体臭の程度別に選ぶと効能が高まります。

体臭が強い人

無香料のタイプを選びましょう。匂いがあると体臭と混ざって嫌な臭いに変わることがあるので気をつけて。クリームやロールタイプなど皮膚に直接塗ることができるものを選ぶと効果が高まります。

体臭が少し気になる人

シートで殺菌した後にスプレータイプを使うとよいでしょう。試してみて気にならないなら香り付きもOK。

エチケットとしての体臭防止

シートタイプで脇を拭くだけでも大丈夫です。パウダータイプやスプレータイプもおすすめ。あまり体臭がしないのに、制汗剤を使うと体臭が濃くなることもありますから、使用頻度を少なくしたほうがよいでしょう。

効果的な制汗剤の使いかた

制汗剤は少し気を配るだけで、効果がアップします。効果的な制汗剤の使いかたを取り上げてみました。

入浴後につける

制汗剤は汗腺をふさいで臭いをとめます。そのため汗腺から汗が出ている状態では効果が半減します。入浴後肌をきれいにしてからつけるのが効果があります。

汗をふきとってから使う

汗の上から制汗剤を塗っても効き目がありません。あらかじめ汗をふきとっておきましょう。ふきとりタイプの制汗剤は手軽に使えます。

つけすぎない

制汗剤を使いすぎると、肌に存在して臭いや雑菌を殺す常駐菌も排除してしまい、効果が薄れます。休む暇なく使っている人は、たまには使わない日を作りましょう。

効きすぎる制汗剤で肌トラブルになる

制汗剤の効き目がよすぎると、かゆみや黒ずみなどが出てくることも。症状が表れたら使用をやめて、肌を休ませてください。


writer:松尾真佐代